TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2017/12/18

40代50代でもできる?老前整理を年末の大掃除で!

近頃は高齢化社会が常に問題になり、自分の死後に残された家族が困らないように自分の持ち物や財産を片付ける生前整理という言葉を耳にするようになりましたね。主に60代・70代の世代が行なうもので事前に片付けることの大切さを感じている人が増えていると感じます。

実は近頃、生前整理よりも早い老前整理をする人たちが増えています。

老前整理はまだまだ知名度こそ低い言葉ですが今後その重要性がどんどん高まっていくと考えられています。

年末年始の時間がある時だからこそ、老前整理をして自分の将来について見直しできることから少しずつはじめてみませんか?

そんな老前整理のお手伝いも当社におまかせください。

老前整理とは?

老前整理の対象になるのはおもに40代・50代のまだまだ働き盛りの年代になります。言葉の意味としては老いる前に体力や気力があるうちに行なう持ち物や財産の整理のことをいいます。

生前整理よりも自分の人生を整理して余計な物を処分していき、今後の人生をより良くする為に行なうのが老前整理になります。ポジティブな意味合いの強いものになりますので、老後の生き方を考え模索している世代にとても高まっている考え方の一つになるのです。

40代・50代の頃は子供もちょうど離れていき、自分たちの時間ができる時期でもあります。

人生80年ともいいますから今後の人生を考えた時に「どんな生き方をしたいのか」を考えセカンドライフに生かすとてもいい機会だと思いませんか?

もちろんやりたいことがあればまだまだなんでも挑戦できる年代になりますし、自分の人生において経験してきたこと、学んできたこと、蓄積してきたことなどを一度整理することで今後の人生がもっと豊かに幸せになるはずなのです。

もちろんこれから迎える老後の為に、今から余裕を持って行動できるように準備をすることにも繋がります。これから孫ができ、お世話をする機会も増えるかもしれません。

その予定がない人は家にいるだけではなく外に出て新しく仕事や趣味をはじめるのだっていいでしょう。社会との関わりを見直す為にも老前整理は役に立つのではないでしょうか。

老前整理で片付ける時のポイント

年末年始の時間を使い老前整理で家の中を見直すのであれば、そのポイントをしっかりと抑えた上で行なうのをおすすめします。家の中の整理整頓にもなりますし夫や妻の両方で片付けることで話し合いをするきっかけにもなるかもしれませんね。

(1) いるものといらないもの

家には実際使っていて必要なものもあれば、今後も必要になるかわからない在庫になってしまっているものもあるでしょう。

今使わないものでも将来的に必ず使うものであれば問題はないのですが、その日時が明確に出てこないものは「ただもったいなくて捨てられないもの」の可能性があります。

今はもので溢れている時代ですので、もし足りなくなってしまっても改めて買い直すこともできますよね。いつか…で残してしまうことが家の中の荷物を増やしてしまう原因となるのです。

(2) あえて買い直す

古い家具や家電など長期間使っているものはこの機会に敢えて買い直すこともおすすめです。

例えば長年使用しているベッドの場合、寝具は健康に生活していくためには欠かせないものです。近頃腰痛が気になっている人はベッドを腰痛対策用のものに変えて元気に生活できるようにメンテナンスを行なうことも大切です。

快適な睡眠は健康にも寿命にも繋がります。ずっと使っているものだからこそ5年後・10年後も使うかな?

健康に生きていく為にはどうしたらいいのかな?と考えた時に敢えて買い直してみるのも一つの方法なのではないでしょうか。

老前整理で出た不用品の処分

老前整理で思いもよらぬ不用品がでてしまい処分に困ってしまう人もいるでしょう。

そんな時は、不用品回収者に依頼して手軽に処分してもらいましょう。基本的にどんなものでも回収致します。

家電・家具などの粗大ごみや、燃えるゴミ・燃えないゴミなども含めさまざまなゴミが出る老前整理だからこそおすすめです。面倒なゴミの仕分けも持ち込む為にトラックを運転することもありませんし、家から不用品を運び出す必要もありません。

これらの作業はすべて不用品回収者が代理で行います。お電話いただければ即日対応も可能ですので数日後には旅行に行かなくてはいけない…なんて多忙なあなたにもおすすめです。

老前整理は新しい人生の考え方です。少子高齢化社会が進むに連れて掃除や片づけをしてくれる人がいない、もしもの時に頼れない…などの理由から元気なうちに見直したいと考える人が増えています。

人生はいつ・どこで何が起こるのかはわかりません。だからこそ、できることを少しずつはじめておけば困ることなく老後を過ごすこともできますね。老後の生き方を考える意味でもとても重要なころですので時間のある年末年始には、老前整理でしっかりと見直しましょう。

メールでのお問い合わせはこちら