TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/03/24 更新日:🕒2017/06/21

朝日町での不用品粗大ごみの捨て方

朝日町でのごみの分別と出し方

朝日町では家庭から出るごみを、一般ごみ・再生ごみ・埋立ごみ・粗大ごみに分けて収集をしています。

一般ごみ・再生ごみ・埋立ごみは町指定のごみ袋に入れて出す決まりになっています。

一般ごみは台所ごみ・チリ紙や合成紙などの紙クズ・草や落ち葉・剪定枝などで、生ごみは水切りをして出すように心がけることになっています。

また、家庭から大量に出る草・落ち葉・剪定枝に関しては、有料ですが朝日町・川越町組合立環境クリーンセンターに直接搬入することも可能です。

再生ごみは、新聞紙やチラシをA群、雑誌や紙類をB群、ビン・カン・ペットボトル・布類・段ボールなどをC群に分けて収集しています。

埋立ごみとなるプラスチック類・皮革類・合成ゴム製品は町指定の袋に入れて出しますし、ガラスや陶磁器・蛍光管などは透明のビニール袋に入れて出します。

これらに該当しないもので町指定のごみ袋に入らないものは、基本的に粗大ごみとして分類されると理解しておくと良いでしょう。

粗大ごみの種類と捨て方

木製の机・ベッド・たんす・鏡台などの家具類、ふとん・じゅうたん・カーペットなどの寝具類、自転車や分解できない長尺物、掃除機・トースター・デジタルカメラ・パソコンなどの廃家電品が粗大ごみに分類されます。

ただし、家電リサイクル法対象品目や処理困難物は廃家電品として収集できません。家電リサイクル法対象品目とはテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどで、家電リサイクル取扱店や販売店に依頼して処分することになります。

処理困難物とは消化器・バッテリー・タイヤ・バイク・農機具・プロパンガスなどで、専門業者や購入先に処分を依頼する必要があります。

このような粗大ごみはできる限り購入先で処分を依頼することが望ましいですし、町指定の袋に入るプラスチック製ごみや金属製ごみは、埋立ごみや再生ごみとして出すように心がけることも大切です。

また粗大ごみではないのですが乾電池類や廃食用油などの有害物は、粗大ごみ回収時に集積所の専用容器に入れると回収してくれます。

ただし、廃食用油以外は出すことができませんし、透明なペットボトルに入れて出すことを守る必要があります。

粗大ごみとして回収される廃家電品の注意事項

掃除機・トースター・デジタルカメラ・パソコンなど廃家電品も粗大ごみとして回収されますが、回収に際しての注意事項があります。

デジタルカメラやパソコン・携帯電話など個人情報が含まれているものに関しては、個人情報保護法の関係から朝日町役場か朝日町・川越町組合立環境クリーンセンターの窓口での回収のみになります。

また、必ずデータを削除してから出す必要がありますし、一度回収したものに関しては個人情報保護法の関係から返却することができないので注意する必要があります。

忙しくて自分でできないときには是非わたくしたち生活総合サービス企業組合にお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら