TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/06/03

不用品となった自転車を回収業者に引き取ってもらう時に注意すべきこと

捨てる前に注意する事

昨今の自転車ブームの影響もあり、次々と自転車を乗り換える人も増えています。

それと同時に、古い自転車の処分方法に悩む人も増えているようです。自転車の処分方法にはいくつかありますが、自転車の場合、単に処分すればいいというものではなく、注意すべきこともあるので、迂闊に捨ててしまわないようにしましょう。

売れる場合もあります

まだ新しい自転車であれば、自転車買取店で買い取ってもらえることが多いです。

人気車種や貴重なモデルであれば、専門店で高く買い取ってもらえますし、そうでない一般的な自転車でも買取可能なことが多いです。

ただ、自分で直接お店まで持って行かなければならないという手間はかかります。

あまりに古い自転車であれば買取不可ということも考えられるので、事前に問い合わせて値段と手間を天秤にかけて決めるのがよいでしょう。

不用品業者に出す前に

買い取ってもらえないような古い自転車は、粗大ゴミとして処分することになります。

自治体の不用品回収サービスを利用して引き取ってもらうことも可能ですが、回収日が決まっていますし、指定された場所まで自分で持って行かなければなりません。

それを考えると、不用品の回収業者に引き取ってもらうのが、もっとも便利で手間のかからない方法です。

回収業者は各地にたくさんあり、どこを選べばよいか迷うことも考えられますが、とりあえず自宅近辺の業者に連絡して、取りに来てもらえるのか確認するとよいでしょう。

その際、悪徳業者に引っかからないためにも、電話での応対が丁寧かどうか、ネットで評判や口コミがあるならそれも参考にして決めましょう。

防犯登録を抹消しなければならない?

いよいよ引き取ってもらうという前に、注意しなければならないことがあります。

それが防犯登録の抹消です。

自転車は盗難防止のために1台1台が防犯登録されており、車両本体に車体番号が刻印されています。それと併せて、自転車を購入した時、防犯登録カードという、所有者の住所氏名、自転車の車体番号、防犯登録番号が記載された書類を受け取っているはずです。

防犯登録の抹消にはこれらが必要ですので、処分する前に購入した自転車店やお近くの警察で自転車本体と防犯登録カードを提示して抹消してもらうようにしましょう。

抹消しないままに引き取ってもらうと、万一、悪徳業者で不法投棄された場合、警察から連絡があることも考えられます。

要らなくなった自転車を廃棄するにも違法な業者に依頼すると警察から電話があったり大変ですね。

廃棄する場合は自治体で許可を得た回収業者に依頼することをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

不要な自転車の廃棄でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

 

メールでのお問い合わせはこちら