TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/05/28

不用品として仏壇を処分してもいいのか?

やはり抵抗感を感じますね

故人の供養のための仏壇ですが、住宅事情などさまざまな状況により処分を検討している方もいることでしょう。

ただ、ご先祖様がいらっしゃる場所であり、家族にとって心の拠り所でもある仏壇ですから、簡単に粗大ゴミとして処分してしまってもいいのかと抵抗を感じる方も少なからずいるでしょう。

仏壇の処分の仕方は大きく分けて三つあります。

一つ目は、菩提寺に一任する方法です。

菩提寺がある場合に限りますが、ある場合は、供養と処分を一緒に行ってくれるので安心です。

ただし、宗派や個々の寺によって仏壇の引き取りを行うところとそうでないところがあるので、まず事前に確認が必要です。

それにかかる費用も寺ごとにかなり異なりますから、確認は欠かせません。

二つ目は仏具店に引き取ってもらう方法です。

仏具店では宗派や宗旨に関わらず引き受けてくれますし、仏具店によっては閉眼供養から処分まで一手に引き受けてくれるところもあります。大

型の仏壇でも引き取ってもらえますが、大きさや自宅までの距離によってはかなり高額な費用となることが多いようです。

一般的には2~8万円程度かかると見られます。

三つ目の方法が、粗大ゴミ・不用品として処分する方法です。

閉眼供養した仏壇であれば、中身のないモノと同じですから、粗大ゴミとして処分してしまってもかまいません。

ただし、その際、仏壇の引き出しをよく確認して、位牌や遺影など大切なものまで一緒に処分してしまわないよう注意が必要です。

自治体に持ち込み

粗大ゴミとして処分する場合は、小さめの仏壇でしたら、自分で解体して燃えるゴミ・燃えないゴミに分別して捨てることもできます。

解体はできないが自分で動かせるものであれば、自治体によっては回収してくれるところもあります。

2千円程度と格安の料金ですが、自治体によっては仏壇の回収は不可というところもあるので、事前の確認が必要です。

業者に依頼をする

自分で運び出せないような大型の仏壇を安く処分するのであれば、不用品の回収業者にお願いするのがもっとも便利です。

家まで取りに来てくれますし、運搬をすべてお任せすることができます。

それに、自分の好きな時間を指定して回収に来てもらえるという、他の方法にはないメリットがあります。

費用は、大きさによっても異なりますが5千円程度あれば引き受けてくれるところが多いです。

不安な場合は、事前に無料見積もりを出してくれる業者に相談するとよいでしょう。

小さいものは5千円ぐらいから5万円ぐらいの間が多いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら