TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/17 更新日:🕒2016/10/25

遺品整理の中でも難しい仏壇の上手な処分法とは?

遺品整理はなかなか難しい

最近は子供の家族とは離れて暮らす高齢者が増えたこともあり、親などが亡くなった後の遺品整理に時間を取れないといった悩みを抱えている人が増えています。

持ち家でもなかなか大変ですが、賃貸の場合などは退去日などの事情から早々に部屋を片付けて明け渡す作業なども伴います。予め生前整理をしておく人もいますが、実際には亡くなった後に遺族が片付けるということが多いのが現実です。

衣類や家具、家電品など生活に密接したものも仕分けや処分をするにはなかなか時間と労力を要するものですが、仏壇などがあると処分に困ることも少なくありません。

神棚なども同様です。適当に片付けてしまったり、可燃ゴミや粗大ゴミとして処分してしまうのは、常識で考えればなかなか難しく、処分や片付けに悩む人は珍しくありません。

遺品に合った正しい処分の仕方とは?

遺品と言ってもさまざまです。故人が使っていた衣類や日用品であれば、多くの場合は不用品として処分することになります。衣類やブランド品など一定の価値のある物や故人の思い入れのある物は親族が形見分けするのもいいですし、そうしているところはたくさんあります。

日用品と言ってもまだまだ新しい家電品や家具類などは、場合によってはリサイクルも可能です。専門の買取業者もいるので、買い取ってもらうという方法もあります。

また、美術品や骨董品など、一般では価値が分かりにくい物は、専門の鑑定士に見てもらう必要性も出て来ます。ある程度の資産価値が出てしまうと、場合によっては相続税が発生することもあるからです。

その他、仏壇などもむやみにゴミとして処分するのも良くありません。このように、遺品によって正しい処分の仕方があります。

上手に気持ちの良い遺品整理をするには?

なかなか時間が取れない場合や、故人の荷物が多い場合など、遺族に代わって故人の遺品を整理する会社が増えています。

使えるものはリサイクルし、また資産価値のありそうなものは適正な価格をある程度調査したり、衣類などの不用品も処分してくれるのです。そこに依頼するだけですべて一気に解決することで重宝されています。

生活総合サービス企業組合は、遺品整理士の有資格者もおり、安心して依頼出来る会社です。通常の遺品整理に加え、部屋の汚れが酷い時には部屋の清掃も行うので、遠方でなかなか行けない場合や、賃貸物件の明け渡し期限が迫っている時にも安心して任せられます。

また、生活総合サービス企業組合は、清掃や片付けの際にも、近隣への挨拶などもしっかり心がけている会社なので信頼度も高いと評判です。

メールでのお問い合わせはこちら