TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/05/04 更新日:🕒2017/06/10

アンケート結果「引越し後の粗大ごみを処分するならどこに依頼しますか?」

チェックリスト

引越の準備をし始めると、机やソファーなど不要になる場合があります。

できるだけ不要なものは引越先に持っていきたくないので、処分したいと考える人も多いのではないでしょうか。

この場合、友人などに依頼して処分してもらうほうが楽かもしれませんね。

そこで「引越しの時に出る粗大ゴミの処分、どこに依頼しますか?」について100名を対象にアンケート調査をある大手引っ越し業者が調査した結果があります。

[回答数/100名]

  • 引越し業者:42%
  • 不要品回収業者:32%
  • どこにも頼まない:26%

粗大ごみ処分無料を宣伝する業者には注意

回答者の約半数が「引越し業者」という結果になりました。

理由を見ると、下記のようなサービスが決め手になっているようです。

  • 契約するときに無料での引き取りを依頼することができた。
  • 一番安心で楽な感じがする。そのまま持っていってもらえるし助かる。

回答の内容を見ると引越時に、そのまま持っていってもらえるため、手間がかからないのが主な理由であることが分かります。

ただし、「無料」での引き取りには十分な注意が必要です。

リサイクル可能な新しい家具・家電や、人気のブランド品等であれば別ですが、

通常、買い手の付かない不用品の処分には費用がかかります。

にもかかわらず無料で引き取るという場合には、違法性がないかどうかを疑ってみた方が良いかも知れません。

例えば、引き取った不用品は一般廃棄物として処理しなくてはいけませんが、

産業廃棄物で処分するとか、不法投棄をする等の行為は違法となり、

場合によっては罰則が依頼者にまで及ぶこともあり得るようですの、許可業者なのかを訪ねたりとか注意が必要だと思います。

買取してもらえる場合もあるかも

金銭的にプラスになる場合もあるようです。

お客様の声ですが、

  • 「とりあえず不用品回収業者に連絡して、少しでもお金に換えるようにしています。」
  • 「見なくなった本を買い取ってもらいました。」
  • 「ブランドの洋服のサイズが合わなくなったので、リサイクルショップで買い取ってもらいました」

などリサイクルショップ等で買い手の付くような物に関しては、買い取ってもらうことができます。

一般的に買い取ってもらえる物としては、

  • 書籍
  • 人気のブランド品
  • 製造から経過年数の浅い家具・家電など
  • 価値のある美術品・骨董品など

価値がある物をうっかり捨ててしまったりするともったいないので、引越しの準備をするときに少し意識しながら整理したほうがいいと思います。

最後に

今回のアンケートのように、手間的なものを考えた場合い引っ越し業者に依頼できれば依頼した方が簡単かもしれませんが、許可や料金などを事前に質問し出来るかどうか判断する事です。

また、買い取り業務は基本的には引っ越し業者はしませんので、引っ越し業者に不用品の処分を依頼する場合には、リサイクルショップなどに問い合わせをしなければなりません。

その点、不用品回収業者の中には買取もしてくれる所も多いので利用可能な不要な物が買取してくれることも多いので一度問い合わせをしてみるのもいいと思います。

不用品回収業者の選定には絶対に「一般廃棄物収集運搬の許可」がある業者に不要な物の買取には「古物商」の許可が必要になりますのでそこは必ずホームページや業者に尋ねるようにしてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ご参考になれば幸いです。

メールでのお問い合わせはこちら