TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/03/30 更新日:🕒2016/05/28

不用品と不要品の違いとは

不用品と不要品の違いについて調べてみました。

不要品とは、使わなくなった要らない物を意味し、壊れた、使い物にならない物ではありません。

不用品とは、使い物にならない、壊れている物という意味です。

私たちプロのでもたまに間違えて使ってしまうこともよくあるので注意が必要になります。

「不要品」は、買い取りをしたり、リサイクルショップに出したり、寄付したりすることが出来ます。

一方、

「不用品」は、使い物にならない物、いわいるガラクタは、一般的にリサイクルにできす、廃棄処分っと言った使い分けをします。

もう少し、「不用品」と「不要品」の違いを調べてみた。

必要無くなった物や壊れて使うことが出来なくなった物を「ふようひん」と言います。

漢字で「不用品」と「不要品」で表すことが出来ます。

これ、漢字の違いだけでではありません。

それぞれ意味のある言葉なのです。

「不用品」とは、一般的にには使用することが出来ない物、壊れている物を示します。

「不要品」とは、いつ用としない物、使用することは出来る物を示します。

粗大ゴミとして回収を依頼するときには、その人にとってみればどちらでもいいという事ですが、リサイクルやリサイクルショップや寄付などに使う目的があれば、「不要品」と「不用品」を分別し「不用品」を廃棄、「不要品」をリサイクルに回す分別が必要となりますね。

メールでのお問い合わせはこちら