TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/05/01 更新日:🕒2016/05/28

アメリカの遺品整理方法、エステートセールとは?

アンティーク掛け時計

日本の遺品整理といえば、

家族や親族など故人と親交のあった人たちの間で形見分けをするのが一般的ですが、アメリカには自宅で遺品を販売する「エステートセール」という方法があります。

海外アンティーク なんとも合理的な発想

先日もテレビで見たのですが、 エステートセールとは、売主が亡くなった際に家財道具や不動産などを販売して処分する遺産整理の方法の一つです。

アメリカでは、相続人が使う物や残したい物を除いて売却し、お金の清算をするのが一般的です。

つまり、残す物以外、家と家にあるすべての家財道具や雑貨などを売って現金化するというわけなのです。

ただ、場合によってはプロベートコート(遺産検認裁判所)がエステートセールを行うよう指示することもあります。

また、売主が存命中でもアシステッドリビング(老人ホーム)に入るために家財を処分・販売することや、家にあるすべてのものを処分したいときに、個人で売らずプロに委託することをエステートセールと呼ぶこともあります。

事情はそれぞれでも、自宅で他人に家と家財道具を販売するというのはなんともオープンかつ合理的で、なかなか日本人にはない発想かもしれませんね。

遺品の売買に抵抗感は?

日本の場合、遺品というとなんとなくネガティブな印象を受けますが、家の前で店開きする「ヤードセール」や「ガレッジセール」などからもわかるとおり、

アメリカではもともと個人がいらなくなった物を売るのが盛んでポピュラーなため、遺品といっても日本ほど抵抗感を抱くことはないようです。

どんな物が売られ、どんな人が買いに来る?

エステートセールではどのような物が売られるのか、そもそも故人の家財道具に高値がつくのだろうかという点も日本人としてはやはり気になりますが、最も注目を集めるのはヴィンテージものやアンティークものだそうで、

古物コレクターなどが古いガラスアート作品や食器、年代物の家具といった掘り出し物を探すためにエステートセールをチェックしているようです。

また、エステートセールには買う側だけでなく、エステートセールを行うための専門業者もいて、家財のなかでも売れそうなものに値札をつけ、広告をうってセールの運営管理を行い、売上の一部をもらうという仕組みにもなっています。

核家族化・少子化の日本にも?

日本のしみじみとした形見分けと、アメリカの合理的なエステートセールのどちらがいいというわけではありませんが、

核家族化や少子化が進み、遺品の片付けにまで手が回らないという家庭が増えている日本にも、将来はこのエステートセールのような遺品整理のしかたが定着するようになるのかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

遺品に対する考え方は国によってまちまちですね。

日本でもリサイクル・リユース・リディユースといった考え方が最近では取り入れられ、今後はアメリカみたいなやり方が徐々に進んでいくといいですね。

メールでのお問い合わせはこちら