TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/12/12 更新日:🕒2017/06/23

遺品整理は四十九日が過ぎてからするのが理想的

遺品整理をする理想的なタイミングとは?

四十九日は、亡くなった人が今生から離れて天国に旅立つ日と考えられています。

地域や故人が亡くなった時期によっても多少の違いはあるようですが、喪明けとも言われており、この日には法要を行うのも一般的です。その為、遺品整理をこのタイミングで行う家庭も多く、四十九日を過ぎて整理するのが理想的と言われています。

四十九日のタイミングで故人の遺品整理を行うのは、他にもさまざまな理由が考えられます。

その大きな理由は、法事で親族が集まりやすいということです。特に普段離れている場合や遠方で暮らしている人にとっては、なかなか遺品整理の為に帰省したり、親族全員の都合もそうそう合いません。

一同に揃うタイミングで行うのは望ましく、また故人がこの世から離れて仏になるということでも、理想的とされているようです。

遺品整理が簡単に進まない事情もあります

しかし、四十九日の法要に合わせて都合良く遺品整理が出来るとは限りません。故人の所有品が多く、その上まったく整理が出来ていない場合には、仕分けや処分にも相当の時間を要することもあります。

中には仕事などの事情で参加出来ない親族も考えられ、必ずその日に出来るとは限りません。また、四十九日という区切りはあくまで仏教上の教えであり考えであって、遺族の気持ちは整理がつかない場合もあります。

特に故人への思いがいつまでも残ってしまう場合には、何ヶ月経過しても遺品を処分出来ないという人も珍しくありません。

整理出来る遺族が少ない場合には、健康面や仕事の事情でなかなか手をつけられないといった悩みも少なくはないのです。

最近は、自分達ではなかなか遺品を整理できずに困っている例も実際に増えています。

四十九日を過ぎても出来ない遺品整理はどう解決するか?

さまざまな事情から遺族では出来ない遺品整理を、上手に解決する方法があります。

それは第三者に依頼することです。遺品整理のプロなら、遺族に代わって適切で丁寧な遺品整理を行ってくれます。

生活総合サービス企業組合は、例え故人がまったく所有品を整理していない場合でも、その仕分けや片付けから行ってくれるので、安心です。さらに何と言っても心強いのは遺品整理士の存在です。

生活総合サービス企業組合は遺品整理士が在籍しているので、遺品を供養しながら整理する心得とマナーを習得しています。さらに、遺品を処分する為に必要な法規制に基づいての処分も出来ます。

例え不用品であっても、廃棄の仕方もいろいろです。法に沿った適切な処分をしてくれます。遺族に代わって近隣への挨拶も行ってくれる為、トラブルの心配もありません。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら