TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/07 更新日:🕒2016/10/11

遺品整理は単なる不要品処分とは違った意味が込められています

混同されることも多い遺品整理と生前整理の知っておきたい違いとそれぞれの役割

人が亡くなれば、そこには必ずその人が遺した有形・無形の様々な品があるはずです。物が溢れる現代において、そのような品は増え続けつつあります。遺品整理はそのような故人が遺した品々を、故人の家族などが整理することです。

整理の対象となるのは動産が多いですが、不動産ももちろん含まれます。家電・家具・衣服など様々な品を整理すると同時に、財産の分与を行うためにも遺品整理は必須です。また遺品整理が一段落つけば、故人の家族・親類・恩師などに遺品の一部を送る、形見分けを行うのが一般的です。

また最近では、ライフスタイルや死生観の変化によって、自分が生きている内に身の回りの財産や品々などを整理する、いわゆる生前整理を行う人も増えています。まだ元気な内に身の回りの品々を片付けることで、将来の自分や家族のため備える意味合いが生前整理には強く込められています。

生前整理を行う人が増え続けているその理由とは

遺品整理は昔から行われていましたが、生前整理は近年特に注目されるようになり、行う人が急速に増えつつあります。

生前整理を行う理由は人によって様々です。「自分が亡くなった後、家族が遺品整理をする手間を無くしてあげたい」、「相続トラブルが起こらないようにしたい」、「不要品を処分して必要十分なものだけを残して慎ましく暮らしたい」といった理由です。この理由からも分かるように、生前整理は自分のためだけでなく、家族などの周囲の人のためも思って行うケースが多いのが特徴です。

整理の対象となる品は人によって異なってきます。身の回りの洋服・家電・家具や生活用品類などを片付けるのみの場合もあれば、住んでいる家や車なども売却整理することもあります。

遺品整理が、遺された家族などが行う整理な点に対して、生前整理は残された自分の人生を前向きに生き、そして人生の最後のエンディングを迎えたときのための備えとして自ら行う整理です。

個人では整理が困難なときでも助けを借りることができます

独居世帯の増加や核家族化の進行によって、亡くなった後に家族が初めて大量に残された遺品に気づくケースもあります。また生前整理は手間や体力的な問題で諦めている人もいます。遺品整理や生前整理に関して、個人では進めるのが困難だと思う場合は、専門業者の手を借りるのも良い方策です。

その際は無資格の業者ではなく、遺品整理士の資格に加え、回収した不要な品もリサイクル処理をしている一般廃棄物収集運搬の許可を持った業者が理想です。そのような専門業者はまだ数が少ないですが、例えば生活総合サービス企業組合があります。遺品整理士資格を持った専門家が遺品整理や粗大ごみ回収のサービスを扱っているので、適正な遺品・不要品の整理をしてくれます。

遺品整理や生前整理は単なる物の処分ではなく、生きた証と思い出の整理です。それだけに業者のような第三者に手伝ってもらうときには、前出の業者のような、その事情を汲みとって的確な作業をしてくれる有資格者のプロに問い合わせるのがベストです。

メールでのお問い合わせはこちら