TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア

遺品整理

遺品整理サービスのご案内

この様な事でお悩みなら一度ご相談ください!!
遺品整理サービスのご案内

遺品整理作業の流れ

一般的な遺品整理作業の流れは以下のようになります。
遺品整理作業の流れ
遺品整理担当者へお伺いしてもよろしい日時をお知らせください。
遺品整理担当者が現地へ出向き、お部屋などを拝見します。
ご遺族様のご希望・お悩み事などをお聞かせいただいた上で、状況・ご予算に合わせた最適なプランをご提案させていただきます。
オプションサービスなど、どこまでのサービスを求めるのかは、この見積りの際にしっかりと遺品整理担当者に伝えましょう。
御見積、作業内容に納得していただけましたら、ご契約となります。
遺品整理担当者とご遺族様と、作業の日時をお打ち合わせいたします。

遺品整理作業当日の流れ

遺品整理担当者と、お客様が保存されるお品と処分されるお品の最終確認をします。
近隣さまの迷惑にならないよう気遣いしながら、遺品を分別、梱包、袋詰めいたします。
家具の分解や搬出など、ご近所に迷惑のかからないよう配慮いたします。
作業費用のお支払をいただいて完了となります。
作業完了時、お客様にご確認をしていただき作業終了となります。
搬出が終わり、空になったお部屋を当社スタッフが清掃させていただきます。

(基本清掃内容)※搬出後、約20~30分程度で行なえる範囲が一般的です。
よくあるオプションサービスの例

・合同供養
・特殊清掃
畳の撤去(表替え)自社工場で表替えを行います(写真)
ハウスクリーニング(年間350件以上の実績があります)
・形見分け配送
・消臭(オゾン処理など)
・リフォーム(公営市営住宅の営繕・修繕の実績があります)

お見積について

通常、遺品整理の流れは、お客様から見積の依頼を受け、金額や作業内容を見積書や契約書に記入し、お客様が納得されてから作業を行います。

しかし残念ながら中には見積内容が不明瞭で、お客様が了承した金額に色々と理由を付けて作業後に加算請求したり、後片付けや掃除もなく帰ってしまう業者も存在します。
(ただし、見積後に追加サービスを注文された場合は加算請求されて当然と言えます。)

原状回復の実績回数も入れた方がいい

等組合は、アパートなどの賃貸物件の原状回復から一軒家のごみ屋敷、粗大ごみ、遺品整理など年間350以上の物件の実績があり、個人のお客様から不動産業者さんまで取引があり、平成26年には、経済産業省のがんばる小規模事業者300選に入選いあたしました、地域の皆様に「安心」で「信頼」のある組合として切磋琢磨いたしております。

このお仕事を通じて地域社会に貢献し環境と法令を重視し、日夜がんばっている便利隊です。

相場の目安

料金の相場目安として、回収費用も含めた作業費と運搬費でみましょう。

広さ 作業員 料    金
1K 2名 作業費30000円~/運搬費20000円~
1DK 2名 作業費30000円~/運搬費60000円~
2DK 3名 作業費70000円~/運搬費80000円~

料金の計算を、上記のように作業費と運搬費を区分して提示している業者もありますが、中には区別せずに合計だけの料金を提示している業者もあります。料金が安いからといって安易に業者を決めるのでなく、リサイクル品の買取り価格を差し引いた見積もりなのか、消費税が含まれた見積もりなのかなど、その内容をよく確認することが大切です。

現場見積り

料金の見積もりは、不用品や買取品の形状や種類、部屋から運搬車両まで搬出する環境の把握が必要となるため、スタッフが現場に行って確認してから料金算定するのがほとんどですが、作業日時や使用する資材などによって料金が異なってくることもあります。
従って、各社からの見積もりを依頼する場合には、品目毎の細かな見積もり料金で比較するより、一括見積もりで比較する方が手間がかからず、サービスの比較もできるので効率的のようです。

遺品整理作業の流れ

人生で何度もないような遺品整理の業者への依頼。ここでは一般的な問い合わせから見積もり依頼、作業終了までの流れを紹介します。

①お問い合わせ

お問い合わせ電話あるいはホームページ上のお見積りフォーム、問い合せ欄で、連絡します。
電話の場合は担当者と依頼内容などについて相談します。メールでは遺品の 内容・分量・住所など概略を記入してください。

②担当者による現地訪問

担当者による現地訪問見積もり作成のため、業者の担当者が、ご依頼者の都合にあわせた日時に作業現場に行き、お部屋を拝見し、ご依頼者のご希望やお悩みをお聞きして、条件に沿った見積もりを作成します。リサイクル品の有無、作業員数、搬出距離 ・必要資材などについて説明・確認をします。
また、ご依頼者が現地に行けず、緊急に整理して欲しいなどのご要望があれば、そのまま見積もりを確認・了承いただいた後に回収作業ということもあります。こうした場合は、事前に大家さんか管理会社に連絡いただいて鍵の受け渡しの対応が必要となります。

③ご契約

ご契約現地において、ご依頼者と見積もり料金にご納得頂いた後、整理作業の日時を決定し、作業の打ち合わせをします。作業の時に、ご依頼者の立ち合いができない場合には、鍵の受け渡し方法を決めておく必要があります。

④作業当日

作業当日お見積りにそって、ご近所に迷惑がかからないように十分配慮しつつ、経験を積んだスタッフが遺品の分別・梱包・袋詰め・搬出作業を速やかに行います。ご要望があれば、本格的なクリーニング、原状回復、内装工事なども、追加サービスとして行うことも可能です。
当日の作業では、ご依頼者の都合がつかず、立ち合いがない場合もありますし、作業の変更のご要望も多く見られます。作業の変更の場合には、変更に伴う料金を確認してから作業していきます。

⑤作業の終了確認

作業の終了確認搬出後は、お部屋を清掃し、作業漏れがないか、作業責任者がご依頼者と共に最終チェックします。

⑥代金のお支払い

お客様と最終確認後、現金にてご精算して頂きます。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら