TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/11

遺品整理にも供養が必要なのをごぞんじですか?

遺品整理アルバム

家族でする場合の遺品整理

故人が亡くなった後には遺品整理があります。両親などの近しい家族であったりすると、故人への思いからなかなか心の整理がつかなかったり、離れて暮らしていた場合には時間を取るのが難しいなど、つい時間を空けてしまう方も多いようです。

慌ただしい中の遺品整理ではうっかりしてしまうことも多く、実際には価値のある物を捨ててしまったり、適切な処分が求められるものも一般の可燃ゴミに混ぜてしまうということも少なくありません。

また、遺品である以上はそれなりの供養も必要です。遺品は、その人が生きている間使い続けてきた、いわばその人の人生を支えた大切な品になります。丁寧に扱うのは勿論ですが、故人の生き方や趣味によっては人形や仏像などがある場合もあり、適当な処分をするのは良くない場合もあるのです。

最近増えている生前整理の意味とは?

一方、最近増えているのが生前整理です。生前整理とは、生きているうちに自分の所有している資産や物をある程度きれいにしておくことを言います。高価な物や不動産などの類は、価値を改めて確認して遺族への分配をしておいたり、不用品を処分しておくなど、身辺をきれいに整えておくことです。こうして、残りの人生で必要な物だけを手元に残し、自分が亡くなった後に遺族が困らないようにしておきます。

故人がこうした生前整理をしておいた場合には、遺族は遺品整理の心配もなく時間を取られることもありませんが、まだまだ実際には遺品をそのままにして亡くなってしまう人も多いのです。日用品だけの場合であっても、量が多いとなかなか片付けには労力と時間を要します。供養が必要なものでも、ついつい見落としてしまいがちです。

プロならではの適切な整理

遺品整理で困るのは、故人が遠方で暮らしていた場合です。場合によっては休暇をとって片付けるということも少なくはありません。また、賃貸物件であった場合には、清掃まで行って明け渡す必要性も出て来ます。

最近はこのような事情を抱えた遺品整理が増えたことで、すべての処理を業者に依頼する人も多いものです。遺品整理を請け負う会社にもいろいろありますが、生活総合サービス企業組合であれば、遺品整理士が在籍していることもあり、安心です。

遺品整理士とは、遺品を片付ける際の供養など、故人のものを片付けることに対する向き合い方も違います。価値のあるものはもちろんですが、不用品に関しても廃棄など処分する為の法規制に対する知識も有している為、違法な処分をする心配もありません。供養すべき品は丁寧に行い、近隣への配慮も高い意識で行います。

 

メールでのお問い合わせはこちら