TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/17 更新日:🕒2016/10/25

遺品整理を行う際に気をつけるべき注意点。

問い合わせ

自分で遺品整理を行う場合の注意点。

業者に頼まず自分で遺品整理をする場合の注意点は、始める前にしっかりと計画を立てることです。

故人によってそれぞれ違いますが、一般的に遺品整理をする場合、膨大な量の遺品を整理することになるため時間と労力を必要とします。

手当たり次第に整理を始めて必要な物と処分する物がさまざまな場所にごちゃ混ぜになってしまい、結果的に一向にはかどらないといったケースも珍しくありません。

そのため事前にどこの部屋から行うか、必要な物と処分する物を置く場所をどこにするかといった計画をしっかりと立てることが大切です。それにより、家族の誰が整理に来ても混乱することなく進めることができます。

その他にも故人が趣味で集めた骨董品などの価値がわからず処分ができず、ずっと放置したままになるといったケースもあります。

処分に悩んだ場合はリサイクル業者などにもって行くことで解決することもあります。

遺品整理を業者に頼む場合の注意点。

遺品整理を専門の業者に頼む際にも注意点があります。

業者に頼む場合は依頼者本人は特に何かをする必要はありません。当日現場に立ち会って作業を確認するだけですが、作業をする上で必要となる水道や電気などは使えるようにしておく必要があります。

しかし、遺品によっては業者では処分できないといった物もあります。仏壇や遺言状、ガスボンベといった物です。

仏壇や神棚といった物は宗派によって処分に違いがあるため、業者が勝手に処分することはできないことになっています。ガスボンベや灯油缶なども危険物として処理を行わなくてはいけないため業者は請け負うことはできません。そのためこういった物は事前に個人で処分をしておく必要があります。

そのほかにも、業者によっては遺品=不用品と認識で整理を行う業者もあるので、事前に必要な物は自分で管理しておくことも大切です。

遺品整理業者を選ぶ際の注意点。

遺品整理は個人で行うと膨大な時間と手間が掛かるため、専門の業者に依頼をする方が多くのメリットがあります。

しかし、遺品整理業者はさまざまで、中にはいい加減な仕事で依頼者とトラブルになるといったケースもあるので、業者選びは慎重に行う必要があります。

まず選ぶ際のポイントは会社としての歴史や実績です。現在はインターネットの普及により、どこの会社でもHPを開設しています。

そのため、いい加減な業者であれば依頼者からの口コミ評価も悪くなり、結果仕事がなくなります。そのため会社としてある程度の歴史があり口コミの評判が良い業者を選べば間違いはありません。

数多くある優良業者の中でも特に業界での評価が高いのが生活総合サービス企業組合です。

会社として10年以上の歴史と実績があるだけでなく、地域密着の経営としてリーズナブルな値段で請け負ってくれることで、多くの人から評価をされています。

メールでのお問い合わせはこちら