TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2016/12/07 更新日:🕒2017/06/23

遺品整理の後にすべきことについて

問い合わせ

遺品整理の手続き

家族や親戚が亡くなり、故人の自宅を親類と力を合わせて遺品整理した後にしなければならない手続きは予想以上に多く、新たな壁に当たってしまうことが予測されます。

不用品を処分することや貴重品などを自分たちで取っておくのとは違い、正しい手続きが必要となるものも中には存在します。

例えば、故人が自転車や車を所有していたとします。自転車の破損や盗難などに備え、保険に入っている時は解約手続きをしなくてはなりません。

また、自動車を所有していた場合も同様で廃車する手続きが必要になります。

家電製品やデジタル機器は適正に処理することが法律で定められていますので、専門的な知識を持つ業者に問い合わせし、指示を待ちましょう。遺品整理した後に、やるべき手続きを怠ることがないよう、十分に注意してください。

相続に関して

死亡したことを証明させる死亡診断書はかかりつけ医が発行し、区役所・市役所にて死亡届を受理してもらわないといけません。どんな方が亡くなったのかを詳しく行政側から聞かれることがありますので、なるべく故人との関係が近い方が行くことをおすすめします。

故人に資産がある場合、遺言書などがあれば法に乗っ取り、弁護士、司法書士、行政書士などを手配しなくてはいけません。

「身内だから」と、勝手に遺言書を開封するのは厳禁なので、覚えておきましょう。逆に資産より負債の方が多く故人にあった場合、相続放棄の手続きが必要になってきます。

死亡してから3ヶ月以内(場合によってはそれ以上)に家庭裁判所に手続きしないと相続人(子、孫)が負債も相続することになってしまいます。

名義人が死亡したから負債が0になるのではないことを念頭に置いておきましょう。

もしも遺品整理の後の手続きに困ったら

故人が亡くなり、慌ただしく葬儀を済ませ、一段落する間もなく遺品整理に追われてしまい心身ともに疲れてしまう方も大勢います。遺品整理が終わった後も様々な手続きが重なり、頭が混乱してしまうこともよくあることです。

忙しい方のために遺品整理をしてくれる生活総合サービス企業組合は多くの方に支持されている業者です。

遺品整理だけではなく、遺族に思いやりを持ちながらスピーディーに作業をしてくれます。不用品回収はもちろん、自動車、自転車を処分する時に必要な手続きを遺族に代わって代行してくれるので、心強い存在になってくれます。

体力勝負、精神力を必要とする遺品整理に関して高い知識を持ち、地域に根付いている業者です。安心安全を第一にし、依頼してくれた方々から信頼されることを目標とし向上し続ける業者です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら