TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2017/01/05 更新日:🕒2017/06/23

遺品整理はどんな業者に依頼するかで大きく違います

最近の遺品整理の傾向とは?

最近は親と離れて暮らす人が多く、遺品整理といってもなかなか簡単にいかないこともあります。

遠方の場合には時間を取ることが困難であったり、親族で集まるといってもそれぞれの都合に合わせるのも容易ではありません。

そこで最近増えているのが、故人の遺品整理を業者に任せるというものです。

業者によっても費用やサービス内容などさまざまですが、多くの場合は、部屋の清掃から遺品の仕分け作業まで請け負ってくれます。

まだ使用出来る物のリサイクルや不用品の回収作業まで一通り依頼出来るところが多く、非常に便利です。

また、単身の高齢者世帯が増えていることで懸念されている孤独死の場合でも、臭いの除去など特殊清掃から行ってくれるところなどもあります。

こうした業者は、実際に孤独死のあった場合には便利です。

遺品整理で求められるもの

さらに、遺品整理にはさまざまな法に基づいた処分が伴うこともあります。

故人が所有していたものによっては、相続税が発生することもあり、それらに対する正しい資産価値の判断や申請なども求められるからです。

また、仮にすべて不用品であった場合にも、物によって廃棄する方法が異なることもあります。

その他、仏具や神棚など、供養や適切な処分が必要なものに対しても専門の知識を持つ遺品整理業者がいれば、問題が生じることはかなり低いものになります。

こうした法規制に基づいた知識や、遺品を供養しながら適切に処分するマナーと心得を有した資格で、遺品整理士というものがあります。

しかし、遺品整理を行う業者のすべてがこの資格を持っているわけではありません。

安心して遺品整理を任せる為には、遺品整理士を取得しているところを選ぶのも良い判断です。

遺品整理を安心して任せられるのは?

生活総合サービス企業組合では、遺族に代わって故人の住居の片付けと遺品整理を行う業者です。

賃貸の場合には、期限内での部屋の明け渡しが求められ、遠方の場合はなかなか難しいものがあります。

生活総合サービス企業組合では、そんな遺族の代行が可能です。

原状回復や清掃も行う為、部屋の汚れが酷い場合でも安心して任せられるだけでなく、近隣への挨拶などもしっかり行ってから作業に入ります。

さらに、私共生活総合サービス企業組合には遺品整理士が在籍しており、遺品を扱うマナーや法的な知識に基づいての適切な処分が出来るのです。

事前に見積もりを提示してくれるので、最終的な費用がどれくらいになるか不安になることもありません。

金額に納得した上で契約書を交わしてから作業に入ります。

支払いは作業の後というのも、信頼度の高い部分です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

何なりとお申し付けくださいませ。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら