TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/21 更新日:🕒2016/10/25

遺品整理にかかる時間を把握しよう

遺品整理にかかる時間を気にする必要がある場合とは

遺品整理とは、亡くなった人の遺品を整理して、いらないものは処分することを言います。

かつては、遺品整理をする場合でも3世代で住んでいる家族が多かったため、遺品整理をする場合もそれほど問題がありませんでした。

残された家族が遺品を少しずつ整理していけばいいからです。ですが、最近は核家族が多くなり、子供が家を出ていくと老夫婦だけが暮らすことになります。

二人とも亡くなった場合は、その家に住んでいる人がいないため、遺品を整理する人がいません。

遠方に住んでいる場合、整理をするために駆けつけて整理をすることもありますが、この場合1日で整理することができるかという問題があります。

子供も貴重な休みを利用して遠方からやってくるため、整理をするのにどれくらいかかるかの時間を考えて日程を組まなければならないのです。

時間の目安を把握しよう

遺品整理の時間といっても、亡くなった人がどれくらいの遺品を残したかによって作業時間が異なります。

1人暮らしのワンルームであれば、作業時間は3、4時間ぐらいが目安になります。

重たいタンスなどの処理に時間がかかりますが、そもそもものを置ける面積が少ないため、手間がかかりにくいのです。

一方、3LDKや4LDKの実家に一人で住んでいた場合であれば、細かいものもありますし、ソファーやテーブル、タンスなどが重たくて移動が困難なことも珍しくありません。

1人で行う場合1日かそれ以上かかってしまうことがあります。できれば2日ぐらいに分けて遺品整理をする必要があります。

そうなると、遠方からわざわざ来るのに交通費がずいぶんとかかってしまう可能性があります。では、1日で終わらせる方法はないでしょうか。

業者に依頼をする

遺品整理を1日で終わらせる方法は、ふたつあります。1つ目が複数人で行うことです。

兄弟が3人いれば、3人で集まる日にちを決めて集まって、一気に遺品整理をする方法もあります。

ですが、一人っ子の場合はそれができませんし、仮に兄弟が複数いてもなかなか遠方から集まることができないこともあります。そこで、もうひとつの方法である、遺品整理業者に遺品整理を依頼する方法を選ぶことになります。遺品整理業者で迷った時は、生活総合サービス企業組合を利用してみてはどうでしょうか。

生活総合サービス企業組合は、遺品整理を専門的に行っているため、遺品整理についての知識も専門的です。また、遺品整理に関連してハウスクリーニングやリフォームなども行ってくれる業者になります。

遺品については、処分する前に供養を行いますので、安心して任せることができます。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら