TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/11/03

遺品整理するとき持っていたい心構え

アンティーク掛け時計

まずは落ち着いて判断することが大切

遺品整理しなければならない状況にあるということは、きっと身も心も疲れきっていることでしょう。

そういった状態で行うことは決して良いと言えることではありません。

立ち退きの期限などが存在していない、時間に余裕のある状況ならば、ゆっくりと時間をかけて整理していくという心構えを持つことが大切です。

ゆっくりと時間をかけることによって亡くなった人への思いも整理されていきます。

亡くなったことが受け入れられないと思う方にとって遺品整理は現実と向き合う重要な機会なので、行う時期は慎重に取り決めるべきでしょう。

そのために、まずは落ち着きを取り戻すため一定の期間を設け、落ち着いて冷静に判断できるよう心身ともに整えることが大切です。

こうした機会を設けることも遺品整理をするにあたっての心構えの一つと言えます。

無理のないスケジュールを

遺品整理は多くの人手を必要とします。そのため家族総出で行うことが一般的ですが、なかなか家族全員のスケジュールが合うことは稀なのではないでしょうか。

立ち退き期限などで時間に追われていて、予定を合わせる暇もなく闇雲にスケジュールを組んでしまうと、結果としてうまく整理ができず、終わらないという状況になることもあります。

そんな状況下で無理をすると、大切な人が亡くなって疲れきっている心身に、さらに追い討ちをかける結果になってしまいます。

そこは逸る気持ちを抑え、しっかりと予定を合わせたスケジュールを組んで行うことが重要です。

しっかりとスケジュールを組めば時間的余裕ができるだけではなく、大人数で遺品整理ができるます。少人数で行うより孤独感も薄れ、心の支えを持ちながら遺品整理ができるでしょう。

どうしてもできないときは

どんなに完璧なスケジュールで遺品整理を行ってもどうしても立ち退き期限などに間に合わないことがあります。

明日までに家を空けないといけない、ということであれば、家族総出でどんなに頑張っても不可能です。

また、荷物が大きすぎて搬出できない、遠方で移動に時間がかかるなど、自分で遺品整理を行うには様々な障害があります。

そういった自分たちではどうにもできない障害に直面したときは無理せず専門のサービスに依頼すると良いでしょう。

生活総合サービス企業組合ではそんな遺品整理で大変な部分を肩代わりしてくれます。遺品整理士の資格を持った専門のスタッフが本当に困ったときにサポートします。

遺品整理後のアフターサポートも充実していて、畳の撤去やハウスクリーニングまで依頼することができます。そのため、忙しく時間を割けない人にとっては非常に大きな助けになることでしょう。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら