TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/12/05 更新日:🕒2017/06/23

遺品整理の悩みを解消する

遺品の価値が分からない

遺品整理の悩みとしてまず挙げられるのは、数々の遺品の価値が分からない点です。

思い出深い物は売らずに保管すれば良いのですが、持っていても仕方ないものは売ってお金にしたほうが今後の生活の為になります。

ただ、遺品というのは人によって様々ではありますが、特に数が多いと何から手をつけたら良いのか分からなくなります。

服などであればリサイクルショップなど売り場所が分かるので困りませんが、壺や絵画はどこへ売ったら良いのか判断が難しいですし、素人では価値があるのかないのか分かりません。

遺品の価値が分からないと言っても、しっかり相場を調べてから売らないと損をすることがあります。ただでさえ親族が亡くなって精神的に辛い時期ですが、適当に売るという選択は是が非でも避けたいです。

早く整理しなければならない

故人が賃貸物件に住んでいた場合は、早く遺品整理しなければならないという悩みが付きまといます。

物件側は、早く遺品整理を終わらせて部屋を出て欲しいと思っていますし、次の人と契約できないので相当なプレッシャーをかけられる場合があります。

遺品整理はそれぞれ価値が自分では判断できないので、ゆっくりと売却を進めようと思いがちですが、それが可能になるのは実家だけで賃貸物件は一筋縄ではいきません。

賃貸物件の大家さんに急かされるという形で遺品を整理すると適切な価格で売れない可能性があります。

また、状況によっては遺品を一旦全部まとめて別の場所で保管することになりますが、その時に切手などデリケートな物に傷がついてしまうと価値が下がってしまいます。

慌てている内に紛失するなど、新たな問題も発生しかねません。

業者へ相談

価値の分からない遺品とにらめっこしていても状況が進展しないので、業者へ依頼することで現状を打破します。

業者は大量の遺品を回収して処理したり、素早く行動をして部屋を空けるなどが主な仕事です。

ただ、業者によってサービス内容や価格が異なるのは当然で、人が亡くなった時は葬儀などで何かとお金がかかるのでより安い出費と内容の濃いサービスを同時に求めるのは不思議な事ではありません。

三重県北部を対応エリアとする生活総合サービス企業組合は、そんな安さと内容の濃いサービスを同時に備えています。

遺品整理は遺品整理士の資格を有した人間が慎重に行います。その他、近隣住民の方々への挨拶や、逆になるべく知られないよう極秘で行うこともできます。

仕事内容だけでなく、依頼者の心情を察して人として真摯な対応を心掛けています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら