TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/11/24 更新日:🕒2017/06/23

遺品整理ができない悩みを解決します!

今、遺品整理の事情が変化しています

故人によって事情や所有品の量は異なりますが、普通に暮らした方ならある程度の遺品整理は必要になります。

多くの場合はお子様やその配偶者など遺族が行うのが一般的です。

しかし、お子さんがいる場合でも、家族と同居していない一人暮らしの高齢者の場合は、離れて暮らす遺族にとってはなかなか時間が取れないこともあります。

仕事などさまざまな事情で簡単にはできないことも珍しくありません。賃貸なら明け渡しの期限も限られてしまいますし、持ち家の場合でも、故人の家に生前の荷物が手つかずのままで長く放置されてしまうこともあるようです。

また、故人にお子さんがいない場合であったり、生前あまり親しい付き合いをして来なかった場合には、例え親族でもなかなか遺品整理に時間を割けないこともあります。

家族の関係の変化によるさまざまな事情

一方、距離や時間の問題以外に、故人の遺品整理が出来ない事情を抱えている人も、近年は増加しているようです。

親子間のトラブルを抱えていることで、生前から一切の交流を絶ってしまう家庭も最近は良く聞かれるようになっています。

そういった事情を抱えている人の場合には、法律上は相続出来る立場であっても放棄してしまう人も多いのです。

しかし、故人が所有していた家の相続を放棄しても、親族である以上はそのまま放置しておくと、場合によっては管理義務を問われることもあります。

戸建て住宅であっても、故人が孤独死を遂げて長く放置されていた場合や、故人の生前の使い方によっては景観や衛生上の問題も生じることも心配されます。

こうした問題で、近隣の住人にも迷惑が及んでしまうことも考えなければなりません。

第三者にお願いするという選択肢があります

遠方でなかなか時間が取れない場合や、親子間のトラブルなどの問題で故人の遺品整理がなかなかできないという悩みを抱えている人は、こんな解決法があります。

それは、遺品整理を専門に行う業者に委託することです。

生活総合サービス企業組合なら、故人の住居の汚れが心配な場合でも、片付けから清掃まで行う為安心して任せることが出来ます。形見分けしたい遺品が無い場合でも、不用品のすべてをしっかり仕分けして適切に処分いたします。

また、生活総合サービス企業組合には遺品整理士が在籍しており、遺品整理に関わる法規制に沿っての処分が可能です。

遺品整理士は、故人が使っていたものをただ整理するだけでなく、供養するという姿勢とマナーを習得している資格なので、近隣など周囲への配慮も安心して任せられます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら