TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/06 更新日:🕒2016/10/11

遺品整理と相続問題は密接な関係があるので要注意

遺品整理に着手する前に気をつけたいこと

思いがけず遺品整理に直面するケースは多々あります。急に身内や親族が亡くなったために、膨大な量の遺品を目の前にして途方に暮れてしまう方はとても多いです。もしも遺品整理を行わなければいけなくなった時は、必ず相続について把握しておくことが重要です。

なぜなら、相続を放棄したくても、遺品整理に着手してしまった場合には、不可能になるからです。

まずは、相続放棄について詳しく調べましょう。期限は三ヶ月と法律で定められていますので、迅速に対応することが大事です。遺品に関するすべての権利を放棄するつもりだったのに、一部だけでも片付けてしまったならば、承認したとみなされてしまいますから要注意です。

尚、思いがけず遺品の量が膨大であり、自力では不可能と思われる場合もあります。そのような時は、不用品回収を受け付けている専用の業者に相談する方法が適しています。

遺品整理をスムーズに行うために

すべての権利を相続して、遺品整理を行うと決意した後も、戸惑ってしまう場合があります。

それは、あまりにも膨大な量の遺品が残されていることです。家具などサイズが大きい遺品は、各自治体で処分する方法が異なりますので気をつけましょう。もしも違うエリアに住んでいるならば、あらかじめ遺品整理を行う自治体のルールを把握しておく必要があります。

また、家電には精密な機械が組み込まれていますので、自治体によって独自のルールを設定していますので要チェックです。中には、処分するのに料金を要する自治体もありますから、遺品整理に直面した時には注意しましょう。

尚、可燃ゴミや古紙回収など、細かくルールを定めている自治体も見受けられます。ルール違反は近所トラブルの原因となりますので、事前に調べることが大切です。

自力では困難と判断した場合には

相続することを決意して、遺品整理を始めたけれど、思いがけない分量のために、自力で片付けることを断念する方もいます。もしも専門の業者に遺品整理を依頼したいなら、生活総合サービス企業組合に問い合わせてみましょう。

実績が豊富ですから、あらゆる遺品整理の問題を把握しています。また、相続に関する心配事を打ち明けることもできます。家具や家電なども引き受けていますので、とても頼りになります。

尚、初めて遺品整理を行う場合でも、生活総合サービス企業組合ならば安心です。実際に作業を行う前に、費用や作業内容の見積もりを提出するからです。

見積もりは無料ですし、費用と作業内容に納得したことを確かめてから遺品整理を始めます。遺品整理士の資格を所有したスタッフが在籍していますので、信頼度は高いです。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら