TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/06/26 更新日:🕒2017/06/21

四日市市での家具やその他廃棄物の処分方法

四日市市でのゴミの出し方について

四日市市では平成28年4月より『四日市市クリーンセンター』の稼働が始まったことで、従来とはゴミの分別方法が異なっています。

新しい分別方法は、生ごみ・プラスチック製の容器・靴・鞄・合成ゴム製品・紙おむつなどは、四日市市が指定するゴミ収集袋のLサイズに入るものは可燃ゴミと指定、スーツケース・ベビーカー・化粧ビンなどの1m以内のガラスや陶磁器品は破砕ゴミに指定されています。

その他、衣類・紙類・金属類・小型家電・乾電池・スプレー缶などは資源物に指定されるようになり、プラスチック類と生ごみが同じ袋に入れて出すことができるようになっています。

家具などの粗大ゴミ戸別有料収集について

四日市市ではほとんどの不用品を自宅近くのゴミ集積場に無料で出せますが、戸別有料収集品に指定されている大型の家具に関しては、四日市市の粗大ゴミ受付センターに電話をして、有料(1800円)で回収をしてもらう規則となっています。

個別有料収集品に指定されているものは、タンスや本棚、テーブル、サイドボード、ソファー、下駄箱、ドレッサーなどのほかに、絨毯やカーペット、テレビ台やトレーニングマシンなども該当します。

ただし、これらのものでも分解や解体で1m以下になるものや、カーペットや絨毯などは折りたたんで50cm以下にまとめられて、ゴミ袋に収まるものは通常のゴミ集積場に出すことが可能です。

戸別有料収集の利用方法

戸別有料収集指定のゴミを出すには、四日市市粗大ゴミ受付センターに電話をして回収の依頼をします。

その際に、氏名・住所・電話番号・品目・個数などを聞かれるので明確に答えます。氏名などを一通り伝えると、受付センターから回収日と受付番号を伝えられるので、これをメモして回収の依頼は終了となります。

四日市市では、粗大ゴミ処理券をゴミ処理券指定取扱い店で販売しているので、これをゴミ回収の前日までに購入し、粗大ゴミに貼っておきます。その際に、受付番号を記入する箇所があるので、忘れずに記入をします。

当日、朝の8時30分までに支持された場所に粗大ゴミを出せば、粗大ゴミの処分は完了です。

また、戸別有料収集指定品であっても材質や物によっては、市内のゴミ処理場に直接持ちこむことで、無料で処分ができる場合もありますから、詳しく知りたいという方は、四日市市粗大ゴミ受付センターに問い合わせをしてみると良いでしょう。

このように時間的に余裕のあるかたや人手があるご家庭はいいのですが、忙しくて時間的余裕がない場合や人手が足りなくて困っている方はご遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら