TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/11/12 更新日:🕒2017/06/23

故人のタンスはどうしたらいい?難しい遺品整理のコツ

遺品整理はなかなか大変なものです

最近は自分である程度の荷物や資産を整理しておく生前整理をしておく人も増えていますが、まだまだ実際には故人が亡くなった後に遺族が遺品を片付けるのが一般的な流れです。

しかし、離れて住んでいる場合も多く、遺族側も時間を取るのが難しかったり、なかなかはかどらないといったことは少なくありません。

特に所持品の多かった故人の場合には、一つ一つの仕分けや片付けに相当時間を取られることもあります。衣類や着物が多い人であれば、タンスの中身を整理するだけでも容易ではありません。

特にブランド品や着物、宝飾類は価値がどれくらいのものか判別するのが難しいこともあり、素人では大変です。形見分けする場合でも、高額な宝石類になってしまうと、物によっては相続税が発生することもあるのです。

価値が分かりにくい遺品の処分は?

遺品は、その人が人生で関わってきた品です。着古した衣類などは不用品として処分してしまうことは多いものですが、美術品や骨董品、着物などある程度の価値のあるものは、相応に片付けることも求められます。

価値のある物は親族の中で上手に分配するのが理想的ですが、引き継ぐ者がいない場合には、売却しましょう。家具類や家電品など、まだまだ使えそうなものはリサイクルするのも良いのです。

最近はこうした故人の使っていたものもリサイクル人は珍しくありません。

もちろん、ある程度使用感のあるものは粗大ゴミとして処分するのが適切ですが、美術品などは素人には分からない価値の高いものもあります。

また、意外と利用できるものも紛れていることが多く、特にいろいろ収集していた故人の場合には、しっかり仕分けしましょう。

すべての問題を解決して片付ける方法

しかし、遺品が多い場合には、なかなかこれらを上手に仕分けして適切に処分し、片付けるのは遺族ではなかなか難しいものです。

そこで、最近はこうした遺品を上手に整理してくれる業者が増えています。

遺品整理をしてくれる会社にもいろいろありますが、生活総合サービス企業組合の場合は遺品整理士がいることで、整理に関する法的な知識や故人の使用したものに対する片付けの取り組みが違います。

生活総合サービス企業組合は、単純に故人が使ったものとして処分するのではなく、その人が人生で関わった大切な品として供養の気持ちで向き合います。

廃棄が必要なものや価値のある品に対してもそれに伴う法的な知識を有している為、例え不用品であっても適切でない処分をしてご遺族に迷惑がかかることもありません。

また、片付けやご近所への対応なども丁寧に行っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら