TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2017/05/30 更新日:🕒2017/06/19

二世帯住宅を建てる前に不用品の処分を検討してみましょう

三重県の桑名市やいなべ市で不用品処分に困っている人はいませんか?
明快な料金形態で不用品処分や遺品整理など地域密着型でおこなっております。
最近、二世帯住宅からの不用品処分の依頼をいただくことが増えました。
これから二世帯住宅を検討している方は、ぜひ当社にご依頼くださいね。

■年々増加する二世帯住宅の理由とは?

実は今二世帯住宅からの不用品処分の依頼が増えています。
社会情勢が大きくかわり収入が不安定な時代になり、共働き世代も多くなりましたよね。そうなると保育園や子供のお世話などご両親の協力がないとなかなか難しいものです。また相続税の負担割合なども変わったことで、より子供夫婦、孫に資産を残してあげたいと考える人たちが増えているのです。そのため、子供夫婦と二世帯住宅で一緒に住む人が増えています。

さて、そんな子供夫婦と二世帯住宅で住む機会に、お部屋の不用品の片付けを検討するご両親方もいます。大抵の方がご両親のお父様が退職したそのタイミングで実家を建て替えて子供夫婦と一緒に住む場合が多いのです。

高齢化社会が問題になるなかご両親からしても子供夫婦との生活は楽しいものですし、子供夫婦もご両親が近くにいる分安心して生活できるものです。

二世帯住宅になると実家のリフォームはもちろん、一緒に生活するスペースの見直しをおこなう必要もでてきますね。

■二世帯住宅になると不用品の見直しも重要

二世帯住宅になるとご両親、子供夫婦どちらも家のなかの不用品を見直すことになります。
ご両親側はせっかく子供夫婦が一緒に住むのでお部屋のレイアウトを変えたり、一緒に過ごせるリビングルームをくつろぎのスペースにしたいなどいろいろ希望もあるものです。

これからは2人だけの生活ではありませんし、少しでも子供夫婦にも快適な空間を提供してあげたいと思うのが親心です。長年使ったソファーなども新調することで新しい新生活に向けて準備をしなくてはなりません。

子供夫婦になると、引越しにより今住んでいるマンションよりも二世帯住宅の方が狭くなることもありますし、できるだけ使わない家財を見直して処分します。

なかには二世帯住宅で安全性に考慮した耐震性にこだわった作りにしているところもあり、お部屋に家具がもともととりつけている場合もあります。

そうなると今使っている家具はほとんど使わないことになりますよね。
二世帯住宅の場合いくら親族だとしてもお互いに気を遣わなくてはいけないこともありますし、不用品の処分はできるだけ引っ越す前におこないたいものですよね。引越しに不用品の処分に大忙しです。

■二世帯住宅の不用品処分のポイント

これから二世帯住宅で一緒に住むのを検討している方は、よく問題になりやすいポイントについて紹介しますので、ぜひ参考にして二世帯住宅の準備をおこなうようにしてくださいね。

◇困るポイント①

二世帯住宅になるので、家にある不用品は一度見直す必要がありますよね。二世帯住宅になっても本当に使うものなのか、新居のスペースを圧迫してしまわないかなど一つ一つ見直します。しばらく使わないようなものは時間が経ってもおそらく使うことはありません。思い切って処分して二世帯住宅のスペースで快適なスタートが切れるようにしましょう。

高齢者になるともったいなくて捨てられないと物を溜め込んでしまう人もいるのですが、
その多くがすでに使わないものになります。自分では判断できない時は息子や娘と一緒に部屋の不用品を見直し片付けるようにしましょう。

◇困るポイント②

想定していたよりも処分品が多く出てしまった場合、処分するものによって業者で対応できるものとできないものがあり、何件も見積をもらうことになります。さらに、見積をもらうと業者によって金額に差があったりして見積だけで丸一日かかってしまうことも。できるだけお得に迅速な対応をいてくれる業者がいいものです。

◇困るポイント③

依頼した後に、やっぱりこの処分はお金がかかるからと追加料金を請求する業者もいます。
引越し作業で忙しいなか、納得できていなくても他の業者に一から依頼することは難しいですし結局追加料金を支払いお願いすることになってしまいます。それだと当初予定していたよりもお金がかかってしまうのでできるだけ避けたいものですよね。

二世帯住宅に伴う不用品の処分で一番困ることはどこの業者に依頼をしたらいいのか?ということでしょう。インターネットで「不用品処分」と調べるとたくさん業者も出てきてしまいます。そんななかで業者の選び方として「スピード対応」ができることが大切です。

不用品の処分は予め事前に準備ができるにこしたことはありませんが、急遽必要になることもありますよね。当社なら条件やご依頼の内容によってもことなりますが最短当日対応もしています。お電話にての問い合わせもおこなっておりますのでお気軽にご連絡くださいね。

メールでのお問い合わせはこちら