TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2016/06/03

不用となったパソコンを処分する時の方法と注意点とは

パソコンは粗大ゴミではありません

古くなったパソコンを処分したい時、本体、ディスプレイ、キーボード、マウスなどそれぞれどのように処分すればいいのか悩んでいるという方も多いことでしょう。

パソコンは、資源有効利用促進法によってリサイクルが義務付けられています。粗大ゴミとして回収される品目の対象からは外れていますし、燃えないゴミとしてひとまとめに捨てるのはもってのほかです。

PCリサイクルマークがあるか確認しましょう

通常は、お使いのパソコンのメーカーに回収してもらうのが一般的です。

エコの観点からも、古いパソコンの自主回収・リサイクルは、メーカーに義務付けられている行為です。

メーカーによって方法は異なりますが、電話1本で回収に来てくれるところもあるので、まずはお使いのパソコンの説明書をよく読んで、指示された方法に従いましょう。

PCリサイクルマークがあるパソコンなら、回収料、配送料が無料ですので、一番お得な方法です。

データーまで削除してくれる業者もあります

PCリサイクルマークの付いていないパソコンの処分は、メーカーによる回収も有料になることが多いです。

その場合、パソコンを始めとした不用品の回収業者に引き取りをお願いするのも良い方法です。自宅まで引き取りに来てくれるのはもちろんのこと、パソコンの状態によっては買取となる場合もあります。

本体が古くてもディスプレイがきれいなら値段が付く場合もあるので、いろんな業者に問い合わせてみましょう。

また、回収業者によってはパソコン内のデータの消去まで請け負ってくれるところもあります。

メーカーでの回収ではデータ消去は自己責任ですから、パソコンに詳しくない人にとってはおすすめです。

なるべくデーターは自分自身で削除しておきましょう

個人情報など何らかのデータ漏洩が心配な場合は、回収業者に完全に任せるのではなく、自分で可能な限り消去しておきましょう。

業者がデータを消去してくれるといっても、実際にどこまで実行してくれるかはわからないですから、せめて個人が特定されるもの、仕事に関する機密情報、口座番号など、外部に漏らしてはいけないものだけでも自分で消去しておくようにしましょう。

個人情報保護法など、情報漏洩に関する法律はシビアになっているので、データ完全消去を謳う業者がそれを悪用することは考えにくいですが、念には念を入れておいた方が安心です。

いかがでしたでしょうか。

古いパソコンも廃棄する前には、データーを自分自身で削除した方が絶対いいですし、パソコンリサイクル法にて粗大ゴミ扱いではありませんので十分にご注意をしてください。

当社ではパソコンを廃棄する場合ハードディスクをドリルで穴をあけた状態にして処分施設へ搬入しますのでデーターについてはご安心ください。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら