TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

ペットを飼っている人たちのごみ屋敷問題は深刻!いち早い解決を

片付けが苦手な人にとって、自分の部屋を片付けるのだって一苦労です。食べたものをそのままにしてしまったり、脱いだ洋服や日用品が部屋のなかで溢れてしまうことだってあります。ゴミ屋敷になってしまうのは本当に些細なきっかけの積み重ねにあります。

不思議なことに最初から自分がゴミ屋敷で生活するなんて、誰しも想像もしていなかった人が多いと思います。今回はペットを飼っている人に起こりがちな深刻なゴミ屋敷問題に迫っていきたいと思います。ちょっとしたきっかけで片付けができなくなってしまいます。

ペットを飼っている人のゴミ屋敷とは?

一人暮らしの方がゴミ屋敷になりやすいとも言われていますが、特にペットを飼っている人のゴミ屋敷問題は深刻だと言われています。例えば犬・猫などのペットを飼っている方の場合、部屋のなかで自由に放し飼いにしていることが多いのではないでしょうか。

快適なペットライフを送れていれば放し飼いでも問題なく掃除ができます。ただなんらかの精神状態が原因となりお世話ができなくなってしまうと、一気に部屋の中が汚くなってしまいます。お散歩にもなかなか行けなくなり、部屋中ペットの排泄物が広がってしまったり、ペットの毛やにおいがこびりついてしまうこともあります。

もちろんケージのなかで飼うようなうさぎや鳥でも1日掃除をしないだけでも、ケージの中は悪環境になってしまいます。ペットの臭いは布製品だけでなく壁やカーペットなどさまざまな場所についてしまい、部屋の中を片付けたとしても簡単に取れるものではありません。

そこに住んでいる住人の方は臭いに慣れてしまっているのでなんとも思わないかもしれませんが、上下左右に住んでいる人の部屋にまでペットの臭いが広がってしまい苦情に繋がってしまうことも珍しくありません。一般的な建物の劣化よりもペットを飼っていての劣化のほうが大きく、もとの状態に戻せなくなってしまうこともあり注意が必要です。

ペット自身の健康にも影響してしまうことも

ゴミ屋敷のなかではホコリやダニ・ノミなどの虫が繁殖してしまうこともあります。もともとペットを飼っているとこれらの虫が皮膚についてしまい痒みや炎症を起こす原因になってしまうこともあります。

自分の部屋がゴミ屋敷になってしまう人の多くは、ペットをお風呂に入れて清潔にすることを忘れてしまったり、しなくてはいけないこととわかっていてもやる気がでない…なんて人もいます。ペットにとっても悪環境のなかで生活していれば皮膚だけの問題ではなく健康を害してしまう可能性だって十分にあるのです。ペットは自分で体調の悪さを伝えることができませんし、お散歩に長期間いかないままで生活していては健康的とはいえません。飼い主にとってはペットは家族のようなものですよね?

それであれば一緒に生活するうえで環境を整えてあげるのも、飼い主の仕事です。トイレシートが汚れてはえが飛んでいるような状態で安心して排泄ができるとは思えません。また、ペットのお水や餌の環境も悪いと食中毒など命に関わることだってあるのです。

ペットの種類によってもお世話の方法は変わりますが、毎日しっかりとお世話をしてあげることが命を預かった人の義務だといえるのではないでしょうか。

ペットがいるゴミ屋敷は原状回復費用がかかる

ペットがいてゴミ屋敷になっている人の場合、ただ部屋の中のゴミを外に出してしまえばOKとはいえません。もちろん足の踏み場もないような不衛生な状態は部屋の中をきれいにしてしまえば解消できると思います。

一見使えるかなと思っていたような家具・日用品でもペットの排泄物で状態が悪く捨てるしかなかったものもあると思います。虫がわいてしまっているものをそのまま使い続けるメリットはなにもありません。

また、ペットの臭いがついてしまった床や壁・柱などを交換しないと全く取れないこともあります。また、猫は壁を引っ掻いてしまいますし犬は床を傷つけてしまいます。その状態を改善しないといけないとなると大規模な修繕も必要になります。

もともと持ち家であればそこまで心配することはないと思いますが、賃貸で部屋を借りているのであれば高額な費用がかかるのは覚悟しておかなくてはいけません。

これらの費用面を考えると部屋の大家さんにもなかなか相談できないと話す方もいます。ゴミ屋敷であることを周囲に知られてしまうのが嫌だと話される方も少なくありません。そうやって後回しにしているうちに部屋の中が散らかり取り返しのつかないゴミ屋敷になってしまうことがあるのです。

最初は「今日は疲れたからペットの部屋の掃除は後回しでいいか…」ぐらいのことから始まり、汚れがひどくなりついつい忙しさを理由に掃除をしなくなってしまいます。ペットとの生活は楽しいし幸せなひとときですが、お世話ができなくなってしまっては意味がありません。長い期間一緒にいるからこそ徹底した管理が大切です。

ゴミ屋敷をどうやって片付けるべき?

ここまで読んでいただけたということは、ゴミ屋敷をなんとかしたいと思っているのだと思います。「私だけが我慢すればいいしこのままでもいいんじゃない?」と思ってしまえば、いつまで経ってもその部屋はゴミ屋敷のままです。

今はまだ健康被害が出ていないだけでこれからひどくなることも考えられます。また隣の部屋からのクレームによって強制退去などの選択しかできなくなってしまうこともあります。誰だって自分の部屋にまでペットの嫌な臭いが入ってしまっていたら不快な気持ちになります。

ペットを飼えるマンションはまわりに住んでいる人たちもペットを飼っているケースが多いので、比較的寛容ではあるものの、それでも耐えられないような臭いがすれば誰だって嫌になります。

ゴミ屋敷を自分で片付けようとしてしまうと、
「管理人さんがいるから別の日でいいや」
「今日は気分が向かないからやりたくない」
と考えてしまい作業が前に進まなくなってしまうのです。

またゴミを集めているうちに懐かしい写真などが出てきてしまい、鑑賞に浸っている間に片付けができなくなってしまうことも…。片付けって思っている以上に体力も気力も使います。そのためゴミ屋敷の片付けは業者に依頼してしまい一気に片付けたほうが、部屋の中もきれいになります。

徐々に片付けをしてしまうと、今日はやる気があるけど明日はやる気がないなど作業がどれだけあっても足りないんですよね…。特に仕事をしていて家にいない時間が長ければ長いほど家の片付けなんてしなくても問題ないでしょと思ってしまうんです。誰だって気持ちの迷いが出てしまうので、ゴミ屋敷の片付けは一気に進めてしまったほうがいいでしょう。

まとめ

ペットを飼っていると通常のゴミ屋敷よりも部屋の状況が悪くなってしまいます。部屋も汚れやすくなりますし、だんだんと清潔に保つのが面倒になってしまうものです。でも、そんな部屋に住んでいるあなたもペットにもいい影響はありません。

ゴミ屋敷の片付けで悩んでいる人がいれば、一度相談して見てはどうでしょうか。一歩踏み出すまでが大変かもしれませんが、思いきって掃除をはじめてしまえば一気にきれいになり、快適なペットライフを実現できるようになります。部屋はきれいな状態を保つのに越したことはありません。精神的・体力的にも負担のかからない掃除をはじめてみませんか。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら