TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/28

生前整理の費用はどれくらい?いざという時のために知っておこう!

生前整理を業者に頼むとどれくらいかかるのか?

生前整理の費用は、整理する部屋の広さや処分する品物の数、種類などによって決まります。

特に、家電製品や大型家具を回収処分してもらう場合には品目ごとで料金を設定していることがあります。

大型の不要品ではなく、日用品や雑貨などでも量が多ければその分、回収費用がかかります。

また、基本的には部屋の広さで価格設定されていることが多く、1K、1DK、2DKの間取りや戸建住宅丸ごとなどで区分されています。

一般的な相場としては、1Kは50,000円前後、1DKは90,000円前後、2DKは150,000円前後となっています。

この場合、基本料金として品物の仕分け作業、不要品の運搬費が含まれていることが多いです。

別途、出張費が発生したり、作業するスタッフの人数によって追加料金が発生するケースがあるので、注意しましょう。

見積もりをとって事前に費用確認!

生前整理を行っている業者によって、価格設定の仕方、作業料や出張料などを含めたトータルでの料金は違います。

生前整理を業者に依頼する時は、事前に見積もりをとるようにしましょう。そして、見積もりの明細を確認することが重要です。

すべてのサービス料金を含めた金額を提示しているところもあれば、作業料にいくら、運搬費にいくらと細かく提示している業者もいます。依頼する側としては、一体何にどれだけの料金が発生しているのかを把握したほうが安心です。

また、契約後に追加料金が発生しないようにするためにも見積もり確認をする必要があります。支払いの段階になって見積もりとは違う金額を提示されても、事前に見積もりの明細を確認していれば冷静に考えることができます。

支払う料金が高くなっていても、見積もりの明細を確認していれば何に対して追加料金が発生したのか質問しやすくなります。

依頼主の気持ちに寄り添ってくれる業者を選ぼう!

費用面が気になる生前整理ですが、満足できる作業をしてもらうには費用面以外にも着目してみるといいです。

例えば、生活総合サービス企業組合は、生前整理としての不要品の回収処分を数多く経験してきた業者です。

今までの経験で培った的確な判断力で、品物の仕分けと梱包・運搬をしてくれますし、作業後には室内の掃除もしてくれます。さらに、近隣に迷惑がかからないように極力物音を出さないようにしたり、ゴミを残さないようにしたりと細かい配慮も忘れません。

また、生前整理の際に処分に困る神棚、お仏壇などの回収・供養・処分も任せることができます。

契約前には、現地へとスタッフが訪れて見積もりをしてくれるので安心ですし、費用についての相談も気軽にできるでしょう。

年中無休で営業していることから、生前整理が必要になった時にいつでも利用できる点を見てもおすすめです。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら