TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2016/11/24 更新日:🕒2017/06/23

生前整理と老前整理の違いを知って今後の生活に役立てよう

生前整理とは

今、シニアを中心に「生前整理」と「老前整理」が話題になっています。これらは似ているようで、意味合いが異なります。

まず、「生前整理」とは何かというと、これは、自分が亡くなる前に死後残される家族が相続や遺品整理などで苦労しないよう、財産などをあらかじめ整理することを言います。他人に迷惑をかけないことを目的としているのが特徴です。

また、「生前整理」を始める時期ですが、自分の死を意識する老年や、病気を発症するころに始めるという方も少なくありません。

家族に迷惑をかけたくない、という気持ちとはうらはらに、気力・体力ともに衰退したなかで行うので、本人にとっては非常に負担が大きいものです。

必ず取り組むべき問題とはいえ、なかなか気が進まない方も多いのではないでしょうか。

老前整理とは

いっぽう、「老前整理」とはどういったものなのでしょうか。

「老前整理」とは、老いに備えて行う整理のことを言います。

死に備えて行う「生前整理」とは違い、自分が元気なうちに、不要なものは整理してしまおう、という考え方です。これから生きていくための整理であり、何歳からでも始められるのが特徴です。

また、「老前整理」は自分のために行う整理です。自分の死後、残された家族のために行う「生前整理」とはまた大きく異なりますよね。

また、自分が老後生きるため元気なうちに行う「老前整理」はポジティブに取り組めるのも特徴です。「老前整理」を行うことで「生前整理」の身体的負担を減らすという意味でも良いことでしょう。

「生前整理」「老前整理」どちらも、必要な作業であることには変わりありません。なるべく早いうちに取り組むことをおすすめいたします。

生前整理、老前整理どちらにしても、一人でやるには苦労がつきまとう

「生前整理」「老前整理」どちらも、いざ始めるとなると大変なものです。「老前整理」のような元気なうちに行う作業でも、一人で大量のものや財産を整理するには、限界があります。

家族や身内を頼ろうにも、近くにいないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめしたいのが、生活総合サービス企業組合の利用です。生活総合サービス企業組合は、現代の高齢化社会に対応し、あらゆるサービスを提供しています。

なかでも「粗大ゴミ回収」は、行政では期待できない細かい部分をカバーします。

粗大ゴミは、家の中から処分品を持ち出してくれますし、その後の掃除や家具の配置換えも行います。

リフォームサービスもあるので整理した後の部屋を、住みやすく変えたいなどの要望にも応えます。

一度に、あらゆるサービスを提供してくれるので、別々に依頼するよりもリーズナブルに済みます。一度、お見積りなど相談してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら