TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2018/01/23

子どもの成長に合わせ、進学の家具の買い替えで出た不用品の処分のコツ

年度末は何かと忙しいものです。進学・進級などそのご家庭に応じて家族に何かしらの変化があり準備に追われます。

年度末のタイミングで家のなかの不用品を見直すことも多く、特に幼稚園から小学校にあがる時や、小学校から中学校にあがる、中学校から高校などの進学時に家具の買い替えを行う場合もあるでしょう。

ちょっとのつもりが驚くほど多くの不用品が出てしまい処分に困ってしまうことも…。

年度末の進学による不用品の回収方法・コツについて説明します。

進学時に家具を見直すご家庭が多い

子どもの成長の節目でもある進学時に家具の見直しを行うご家庭は多いものです。

進学とは新たな生活のお祝いも兼ねたスタートラインでもあります。なかには不要なものを見直し新調することもあるでしょう。

環境の変化によって新しい物を購入することもあるのです。もともとあった学習机や椅子も使っていくうちにボロボロになること、成長して使えなくなることもあります。

老朽化したとしてもどれも思い出に残る大切なものばかりですが、家のスペースを考えるとそのままにしておくわけにはいきません。

年度末だからこそこの機会に見直し不用品を処分してしまいましょう。

新しい門出になりますし、4月の新年度を迎える頃にはキレイな部屋で新しいスタートを切れるようにしたいものですね。

進学に伴う不用品として多いものとは?

進学で家具を見直す場合どんな不用品が多いのでしょうか。

不用品ごとの処分方法についても説明します。

(1) 学習机

小学校の入学祝などで購入する学習机ですが子どもの成長を感じるとても思い出深いものです。

小学校・中学校と子どもが成長するに連れて使う頻度も少なくなり処分するかどうかに悩むご家庭が多いのです。

特に学習机に関しては5~7万円程度のものも多く、高いからこそなかなか捨てられないものなのです。

学習机は何かしらの節目に捨てるご家庭が多く、年度末の進学もその一つです。自治体のゴミ回収に依頼をした場合地域によっても価格差はありますが、1500~2000円程度の費用がかかってしまいます。

なかには細かく仕分けして燃えるゴミとして処分する場合もあります。

ただしその方法だと手間もかかりますし、力も必要なので処分するにも一苦労になってしまいます。なかには学習机をリサイクルショップに出す人も、処分するぐらいなら誰かに使って欲しいと思い、引き取り手を探す人もいます。

(2) 椅子

学習机と一緒になっていた椅子の処分も必要です。

椅子ぐらいなら分解して燃えるゴミや燃えないごみなどに捨ててしまう方法もあります。

自治体によっては電鋸などで規定内の大きさに切り粗大ごみとして出す場合もあり、自治体だと700円程度の処分費用がかかります。

学習机と一緒に出したとしても回収では別々のカウントになってしまい2倍の回収費用がかかります。しかも学習机よりも小さくても処分費用はそれなりに高額なのです。

(3) ベッド

子どもの成長とともに買い換えるのがベッドでしょう。

身長に対してベッドの長さが足りなくなってしまった、耐久性などの理由で進学時にベッドの買い替えをするご家庭も多いでしょう。

ベッドの処分も自治体の粗大ごみとして出すことはできますがなんといっても運び出しが大変です。

ご家族にお願いできるのならいいのですが、処分が負担になってしまうこともあるでしょう。

進学時の不用品はこうやって処分しよう

進学時の処分に迷った時は「不用品回収業者」をおすすめします。

その理由として「日時を選んで処分できること」ではないでしょうか。

年度末は子供もバタバタしていますが親御さんにとっても準備するものが多く時間が取れないものです。それなのに自治体のゴミ回収にしてしまうと指定の日時にその場にないとゴミの回収をお願いできなくなってしまうので手間も時間もかかります。

しかも依頼をしてからすぐに来てくれるわけではないので、回収に来てもらえるまで作業も進まず効率が悪いのです。

また子どもにとって一緒に成長してきた学習机・椅子・ベッドなどは大切なものです。いくらもう使っていないものだとはいえ子供がいる目の前で電鋸を使って切ったり分解するのはあまりにもいい光景ではありません。

子供の思い出を壊してしまうことになります。できるならそのままの姿で回収してもらった方がいいでしょう。

進学時の不用品処分はできるだけ時間や手間をかけずに回収してもらえること、子どもにとって負担になったり嫌な思い出にならないような配慮が必要です。

そういった希望を叶えてくれるのが不用品回収業者だといえるでしょう。自治体も便利ですがそういった配慮は期待できませんので不用品処分をする時は選ぶようにしてくださいね。

進学時の不用品処分はできるだけ負担にならずに処分できるようにしましょう。

自治体もいいのですが即日対応できるのが不用品回収業者をおすすめする理由でもあります。

お客様の好きな日時で回収に伺いますのでお気軽にご連絡くださいね。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら