TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/05/19 更新日:🕒2016/05/28

悪質な粗大ゴミ回収業者を避けるための見極めのポイントとは

優良業者と悪徳業者

粗大ゴミ・不用品の回収業者はいくつもありますが、どこがいい業者なのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、優良業者と悪徳業者を見分けるコツをいくつか挙げてみます。

見積もりを取りましょう

まずは、料金体系がはっきりしているところが第一です。

業者によっては、細かい項目まで料金設定がしっかりしているところもあれば、いくらかかるかはっきり教えてくれないままに作業を進めようとするところもあります。

見積もりより高い金額を請求したり、そもそも見積書自体作ってくれなかったり、のちのちトラブルに発展する可能性のある業者はやめておいた方が賢明でしょう。

依頼する際に、何をどのぐらい処分してほしいか正確に伝えて、しっかりした見積もりを出してくれるところを選びましょう。

丁寧な対応でだいたいわかります。

また、基本的なことですが、電話での応対やマナーなど接客態度に問題があるところは避けた方が無難でしょう。

一企業としてしっかりしているところであれば、社員の接客態度も優れています。

電話した際に名乗らないところや、言葉遣いが丁寧でないところでは、作業態度も丁寧でない可能性が高いです。こちらからの質問に、的確かつ丁寧に答えてくれるところを選びましょう。

必ず許可(一般廃棄物許可)を持った業者に依頼しましょう

時々、粗大ゴミの不法投棄のニュースを目にすることがありますが、これは大方が無免許で回収業を行っている違法業者の仕業です。

粗大ゴミや産業廃棄物の処分は、行政から認可を受けた業者だけが行える業務です。自分の家から出たゴミが不法投棄されないためにも、必ず認可を受けた業者かどうか確認するようにしてください。

認可を受けているところならば、ホームページ等に「産業廃棄物収集運搬業許可番号」や「事業系一般廃棄物収集運搬許可番号」が必ず表記されています。

たまに「記載していないだけで許可は得ている」と嘘をつく悪徳業者もいますが、ちゃんとした業者であれば許可番号を提示してくれるはずですので、気を付けましょう。

保険に加入しているかも確認しましょう

最後に、損害賠償責任保険に加入していることも欠かせません。

万一、壁や床にキズを付けられてしまった場合、保険に加入していないところでは弁償してくれないことも考えられます。

実際の作業では何が起こるかはわからないので、念のため損害賠償が保証されている業者を選んだ方がよいでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら