TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/06 更新日:🕒2017/06/21

必見!スムーズに遺品整理を行うコツとは

必要なものと不要なものを分けましょう

遺品整理には、体力や気力が必要になり、多大な時間や手間がかかってしまう場合があります。そのため、コツを押さえて行わないといつまでも終わらないという事態になります。

遺品整理を行うコツの1つは、あらかじめ手順を把握しておき、正しい手順で行うということです。数多くの遺品を前にして、何から手をつけたらよいのか迷ってしまう人も多いかもしれませんが、そうなると作業がどんどん遅くなるのです。

ですから、まず、遺品を必要なものと不要なものに分けることから始めましょう。その際には、1つの部屋を使って、その部屋に必要なものと不要なものを集めるとよいでしょう。

また、親族同士でトラブルにならないためにも、不要なものか判断ができないものは相談をしながら分けることです。遺品を間違えて処分してしまわないように気をつけましょう。

不要なものをさらに仕分けしましょう

遺品を必要なものと不要なものに分け終わったら、必要なものは親族同士で相談をして遺産分けを行います。もし、遺言書がある場合には、その内容に従って分けていきますが、遺言書がない場合には、トラブルにならないように分け合うことが大事です。

次に不要なものをさらに仕分けしていきます。その場合、処分するものと不要品回収に出すものと分けます。処分する際には、処分方法に気をつけて、地域で指定されている方法で処分を行います。

特に粗大ゴミの場合には、一般的なゴミの処分方法とは異なり、処分代金を払ってシールを貼った上で処分しなくてはならないなどの決まりがありますので、それに従って処分をすることが大事です。処分に手間や時間がかからないようにするためにも、事前に処分方法を確認しておくことも重要なコツといえます。

プロの業者に依頼をしましょう

遺品整理を行う際には、これらの手順に従えば効率よく作業を進めることができるでしょう。とはいえ、遺品整理を行う機会は一生のうちでそう多くあるわけではなく、初めて行うという人も多いはずです。

そのため、遺品整理に慣れていない素人が行うには、大変な作業になるのは当然のことです。また、仕事や家庭などを持っていると、忙しい日常生活を送りながら遺品整理に時間や手間をかけることは難しいでしょう。ですから、自分たちで行うと長期間かかってしまう場合が多いのです。

そこで、おすすめなのは、生活総合サービス企業組合を利用することです。生活総合サービス企業組合に依頼をすれば、豊富な実績でスムーズに遺品整理を行ってくれます。

また、遺品整理のみならず、不要品の処分も行ってくれますので自分たちで処分を行う手間を省くことができます。生活総合サービス企業組合でしたら、その他にも、オプションで特殊清掃や形見分け配送、消臭やリフォームも行っていますので、1つずつ別の業者を利用する必要もないでしょう。

プロの業者に依頼をすれば、手間や時間などのコストをかけることなく遺品整理を終えることができますので、ぜひ、利用してみましょう。

メールでのお問い合わせはこちら