TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2016/06/11 更新日:🕒2017/07/05

四日市市で家具やソファーはどうやって処分する?

四日市市での家具やソファー処分方法

四日市市では、家具やソファーなどの大型粗大ゴミと分類されるものを、戸別有料収集指定品目と定め、これにあたるものは、通常のゴミ集積場やゴミ処理場への持ち込みは原則禁止です。

これらの品目を処分する際には、四日市粗大ゴミセンターに連絡をして、回収の申し込みが必要となります。有料収集指定品目は、ソファーを始め、チェア式マッサージ機、テーブル、タンス、本棚、食器棚、下駄箱、椅子、ベッド、テレビ台、オーディオラックなどがあります。

いずれの品目もすべて有料(一律1800円)となり、市内の粗大ゴミ処理券取扱店で粗大ゴミ処理券を購入する仕組みとなっています。

戸別有料収集の利用の流れ

1. 四日市市粗大ゴミ受付センター(Tel353‐4894)に電話をして不用品回収の申し込みをします。受付時間は午前8時30分~午後5時、土・日・祝は休みになります。

2. 受付の方から、住所・氏名・電話番号・品目・個数を聞かれるので明確に答えます。この時に、引っ越したばかりなどの場合で住所を覚えていないこともありますから、必ず事前に住所のメモを用意しておくと良いですね。

3. 回収日と受付番号が伝えられるので、メモに残します。

4. 購入した粗大ゴミ処理券シールに受付番号(または氏名)を記入し、回収物に貼ります。粗大ゴミ処理券の取り扱い店は、四日市市のホームページに記載されているので、確認をしてください。

5. 回収当日は、朝の8時半までに所定の場所に粗大ゴミを出します。戸建て・長屋建住宅の場合には、玄関の横もしくは門の脇が一般的ですが、場所が狭い場合には受付時に相談をしてください。

マンションやアパートなどの場合は、受付時に相談をして回収場所を決めます。回収時の立ち合いは不要なため時間さえ守って出せば大丈夫です。

戸別有料収集でも無料になることがある

四日市市では、基本、大型家具は有料ですが分解や解体が可能でコンパクトにまとまるものでしたら、通常のゴミ集積場に出せることもあります。

規定としては、分解や解体によって最長の辺が1m以下になる場合には個別有料収集に出す必要はありません。

ですので、自分で小さくできるようでしたら、その方がお得となります。また、戸別有料収集品目となっているものでも、大きさが50cm以下のものでしたら、こちらも通常のゴミ集積場にそのまま出せます。

例えば子供専用のベビーチェアなどは、椅子であっても50cm以下となるため、通常のゴミ集積場に出せます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

四日市市で不用品の出し方や処分方法でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら