TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2016/06/19 更新日:🕒2017/06/21

四日市で収納家具など自分でできる捨て方

四日市市の収納家具の処分ルール

一般的に収納家具などは通常のゴミ集積場には出せないため、粗大ゴミとして自治体のルールに従い捨てる必要があります。

四日市市では、収納家具などを捨てる場合には、家具の大きさによってルールが異なります。

基本的には、一辺が1メートル以上を超える大型の家具などは、戸別有料収集品目に指定をされ、戸別ごとに有料で回収をしてもらうのが通常です。

ただし、もとの大きさが1メートルを超えるものであっても、切断や解体などで小さくなり50cm以下に収まるものであれば、戸別収集ではなくゴミ集積場に出すことが可能となります。

戸別有料収集の利用方法

切断や解体などが不可能な収納家具については、戸別有料収集を利用するほかありません。

その場合には、先ず最初に四日市市の粗大ゴミ受付センター059-353-4894に電話をして回収の申し込みをしましょう。

基本的には、電話での申し込みですが、聴覚や言語に障害がある方はFAX(059-354-4412)でのやり取りが可能です。電話では、名前、住所、電話番号、処分をする家具などを聞かれた後、センターから回収日と受付番号が案内されるので、忘れないようにメモをしておいてくださいね。

その後、市内のゴミ処理券取り扱い店舗で、粗大ゴミ処理券を購入します。粗大ゴミ処理券は1枚1080円で、処分する粗大ゴミ1個に対して1枚が必要です。

つまり、四日市市で粗大ゴミを処理するためには1080円が必要になるということですね。

粗大ゴミ処理券は、比較的多くの店舗で扱っています。

目印としては、店舗の入り口などに粗大ゴミ処理券取扱店というシールが貼られているので、このシールが貼られている店舗を探して購入すると良いでしょう。

四日市粗大ごみ処理券取扱店一覧表

粗大ゴミ処理券には、申し込みの際に案内された受付番号と回収日を記入する欄があるので、忘れずに記入をして処分をする家具の目立つところに貼っておきます。

あとは回収日の朝8時半までに指定された場所に粗大ゴミを出せばそれで終了です。

自分で処理施設に持ち込む場合

四日市市のクリーンセンターでは、収納家具などの持ち込み処分も受け付けているので、自分で直接持ち込みが可能です。

この場合には、粗大ゴミ処理券を買う必要がなく、1回あたり350㎏以下であれば無料で引き取ってくれます。

受け入れ時間は、月~金曜日の午前8時30分~12時(午前の部)、午後1時~4時(午後の部)です。粗大ゴミを出すのに1080円がもったいないと考える方は自分で持ち込めばお得なのでお勧めですね。

いかがでしたでしょうか。

自分でセンターまで持ち込みすれば軽トラック1台分が無料になることが知らない人がたくさん見えます。

こういったことが毎日忙しくて時間的余裕のない方や人手が足りない方はお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら