TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/11/03 更新日:🕒2017/01/27

タイミングも大事!生前整理はいつからやっておくべきか?

増えている単身の高齢者

最近は核家族化が進み、高齢者の単身世帯はかなり増えています。子供と遠く離れている場合も珍しくありません。

そこで問題になっているのはこうした高齢者の孤独死です。

そこで、いつ何があってもいいように生前整理をしておく人も最近では少なくありません。ところで、生前整理はいつからしておくのが理想的でしょうか?

タイミングはさまざまですが、施設に入居した人や体調の事情で病院に入院している場合など、孤独死を回避出来る環境であってもそれなりに自分の死後に向けての整理をしておくことは、遺族のことを考えたら重要なことです。

特に所有物の多い人や資産がある場合には、その価値を正確に把握し、財産分けや不用品の処分などをしておくことで、遺族が思わぬトラブルに巻き込まれたり、遺品整理に時間を割く必要もかなり回避されます。

生前整理のタイミングとは?

生前整理は、そのままの通り、生前に自分の身辺整理をしておくことです。財産分与や葬儀の希望などを遺書として遺す人は多いものですが、資産や所有品も整理しておきましょう。

まず、大切なのはそのタイミングです。遺書の作成を考えているなら、同時に行うのも理想的なタイミングです。遺書を用意しない場合でも、自分がまだ元気な時に行うのが理想的です。

資産はないと思っていても、例えば骨董品や美術品などは意外な高値がつくものもあり、十分資産価値があるものもあります。

不動産や現金だけでなく、自分の所有品に高額なものはないか、資産価値があり、相続税を求められるものはないかを調べて整理しておきましょう。

仮に何も無かった場合でも、趣味のコレクションであったり、荷物が大量にあった場合には、ある程度必要なものに限定し、数を限定して他は処分しておく人も多いようです。

価値のあるものを確認したり、不用品の処分はどうすればいいか?

しかし、実際にはある程度の年齢になるとなかなか思うように体も動かないこともあり、一人では無理なことは多いものです。

生前整理なので家族に手伝わせるのも気が引ける人は少なくありません。また、家族は遠方の場合も多く、なかなか時間が作れないのも現状です。

最近は、高齢者世帯の遺品整理や生前整理を業者に依頼する人が増えているのをご存知でしょうか?中でも、使えるものをリサイクルしたり、不用品の処分も一括で出来るところはかなり重宝されています。

生活総合サービス企業組合は、こうした条件を網羅している業者です。特に遺品整理士が在籍していることで、遺品や生前整理に関わる法的なトラブルなどの心配も少なく、安心感があります。

実際に価値のあるものや、不要なものの処分だけでなく、片付けから丸ごと依頼出来るところも便利です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

何なりとお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら