TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/12/29 更新日:🕒2017/06/23

大量の遺品がある場合の上手な整理方法

遺品整理はどうするのがいい?

最近は、高齢の単身者が多く、亡くなった場合にも子供などの遺族が遠方にいることは珍しくありません。

その為、遺品整理がなかなか難しい場合も増えています。

特に、遺品が大量にある場合には、片付けにも相当な時間を要することも多いものです。

わざわざ仕事を休んで遺品整理に充当したり、休暇を利用するのはなかなか容易なことではありません。

また、大量にある場合には、資産価値のあるものでも、まったく価値がなく不用品として処分する場合でも、かなりの手間と時間を要します。処分するにしても、仕分けして適切に廃棄する必要もあり、なかなか素人でははかどらないこともあります。

地域によって仕分け方が違っていたり、産廃業者へ依頼する必要性が出て来ると、量によっては一日では片付かない場合もあるのです。

最も多いのは生活に密接した不用品

遺品と言っても、故人が生前使用していたものすべてになるわけですから、実際には生活に密接なものがほとんどになります。

もちろん、宝石類や美術品、ブランド品など高額なものが遺されている場合もありますが、一般的に量が多いのは、衣類や家具、消耗品などです。

そして、どう仕分けしたらよいか悩んでしまうような不燃ゴミや粗大ゴミも実際はかなりあります。

壊れていたり、古過ぎてリサイクルが困難な家具や家電品なども多く、遺族がやるには相当の時間を要する場合が多いものです。

また、骨董品や絵画などの美術品、ブランド品など、そのまま遺品として分けるにしても、実際の資産価値を調べるのに時間がかかることもあります。

遺品として分けるまではないものでも、まだまだ使用可能なものはリサイクルするという手もあります。

業者に依頼するという方法があります

実は、最近はこうした遺品整理を業者に任せてしまう遺族も増えているのです。

中でも片付けから不用品の回収に、家電品のリサイクルなど、一括ですべて依頼出来るところは人気です。

私共、生活総合サービス企業組合も、そんな業者の一つです。

不用品の処分などの他にも、部屋の汚れが目立つ場合には清掃もお願い出来る業者として利用した人からも高い評価を得ています。

遺品整理士が在籍しているのも安心出来る条件の一つです。

また、遺品整理にあたって近隣へのあいさつもしっかり行ってくれるという点も非常に高い信頼を得ています。

荷物を搬出したり、清掃や片付けを行う作業の際には、遺族として近隣への挨拶を大切にしたいと考えている人は多く、そうした気遣いが徹底している部分も、安心感と信頼度の高い遺品整理の業者として知られています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら