TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/11

遺品整理をしたら箪笥の中から大量の着物が見つかった

故人が残した遺品の種類

遺品整理とは故人が残した遺品を住居内から片付ける事を意味しています。

簡単に言えば不用品処分と言う事でもあるわけですが、故人が大切にしていた品物も大量にあり、そのまま不用品回収で捨ててしまうというわけにはいかないのが遺品ではないでしょうか。

特に、故人が亡くなって間もない頃は悲しみも多く、遺品全てがとても大切な品物、故人が愛用していたと考えれば捨てると言う事は出来ませんし、片付ける作業もおろそかになりがちです。

また、箪笥の引き出しを開けると、そこには大量の着物が大切に保管されていた場合、着物を着ていた姿を思い出せば捨てると言った事は出来ません。

しかし、賃貸の部屋を借りて暮らしをしていたと言った場合、早く部屋を大家さんに返さなければならないなど、早急に遺品整理をしなければならないケースもあります。

着物の処分方法には何がある?

遺品整理をする時に多くの人が悩む1つに着物の処分方法があげられます。

着物は故人が大切にしていた形見でもあり、そのまま燃えるゴミとして出すことは気持ち的に出来る事ではありません。

形見として保管を続けたいと言う場合はともかくとして、古い時代の着物であり、古臭いデザインなので着ないと言った場合は着物を買取りしてくれる業者を選ぶことが最適です。

アンティーク着物などの場合、生地としての再利用が出来るため、仮に染みが付いている場合でも買取りして貰えるケースがありますし、大きな着物などの場合でも、着物は仕立て直すことでサイズを変更することも出来るなどの特徴を持ちます。

遺品整理業者の中には要らない物を廃棄処分するだけではなく、着物などの遺品を買取りしてくれる業者もあり、大切にしていたものを現金化することも出来ると言う事です。

着物などの買取りをしてくれる遺品整理業者

生活総合サービス企業組合は、不用品回収や遺品整理を手掛けている専門の会社です。

また、この会社は幾つかの許可を得て営業を行っている正規業者でもあり、安心して利用することが出来ます。

尚、わたくし共で得ている許可の一つに古物商取引許可があります。古物商取引許可は物品を買取りする場合に必要な許可です。不用品回収業者の中にも不用品を買取りしている業者さんもありますが、この場合は該当エリアでの一般廃棄物収集運搬業許可や古物商取引許可が必要になります。

生活総合サービス企業組合は両者の許可を得ているため、遺品整理の際に大量の着物が見つかったと言った場合でも、着物の買取りに応じて貰うことが出来ますし、この会社は遺品整理士と呼ばれている資格を持つスタッフが対応してくれるので安心して依頼する事が可能です。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら