TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/20 更新日:🕒2016/10/25

遺品整理には特殊清掃が必要なケースもあります

遺品整理後には室内のクリーニング作業も行います

故人が亡くなった事でアパートを大家さんに返さなければならない場合、室内に在る遺品を全て撤去し、室内の清掃を行った上で部屋を明け渡す必要があります。

遺族にとって故人が大切にしていた遺品を片付ける作業と言うのは、悲しみが強い時期などでは手が付かないと言うケースが多くありますし、賃貸アパートなどの場合では死去して早期の段階で遺品の片付けを着手する必要があるため、遺品整理業者に依頼をしたいと考える人も少なくありません。

また、故人が遠方に住んでいた場合などでは、仕事などの都合で直ぐに駆けつける事が出来ないケースもあります。

こうした状況の中でも遺品整理業者は遺族の代理人として室内にそのまま放置された遺品を片付けた上で、室内を清掃して部屋を大家さんに返すことが出来るようになります。

特殊清掃は二次感染を防止してくれて遺品整理を安心して行えるようする清掃技術です。

故人がどのような場所で亡くなったのかにより清掃作業は変わります。

孤独死などで室内で亡くなった場合と病院で亡くなった場合では室内の状況は大きく異なります。

孤独死は年々増加傾向にあると言われており、特殊清掃を行う事が出来る業者の需要が多くなっていますが、室内で死去する事で死臭が室内に充満し、死体からの体液は床の上や布団に付着し、死後経過している場合には腐敗が進み、うじ虫やゴキブリ、ハエなどの害虫が大量発生するなど過酷な状況になります。

この様な状況下で遺品整理を進める事は出来ないため、遺品整理を行う前に室内の特殊清掃を行い、体液などからの2次感染を防止する必要があります。

尚、特殊清掃は特別な清掃技術や知識が必要になるもので、このような清掃を可能にする遺品整理業者を選ぶ事が大切です。

遺品整理だけではなく、孤独死などの特殊清掃も可能です

遺品整理のプロというのは、経験や実績を多数持つ事、遺品に対する知識を持つと言う遺品整理士と言う資格者が在籍をしていること、遺品整理だけではなく、特殊清掃やハウスクリーニング、不要な物の買取りなどにおける許可を得ていることなど、幅広い業務を行ってくれるなどの理由からも、遺品整理を安心して依頼する事が出来ると言った魅力があります。

生活総合サービス企業組合は遺品整理や不用品を買取るために必要な許可を得ている会社でもあり、建築工事業内装仕上げ工事業の許可を得ている事からも、賃貸アパートやマンションなどでの遺品整理後の原状回復工事も依頼する事が出来ると言うメリットもあります。

尚、生活総合サービス企業組合に依頼をする事で遺品整理からハウスクリーニング、特殊清掃、原状回復などを行ってくれます。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら