TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/06/27

遺品整理って?

遺品整理の現状

親族などが亡くなられた時には大きな悲しみと喪失感が待っているものですが、これに加えて、故人の遺品や部屋の片づけや整理などもおこなわなくてはならないため、精神的、肉体的にかなりの負担がかかってしまいます。

人が一人亡くなられた場合、その方が所有していたものを整理するのにはとても時間がかかるものです。故人が所有していたマンションなどならまだしも、賃貸の部屋で暮らしていた場合には、早々に片づけを命じられることもあり、一日でも早く遺品整理をする必要があります。

以前は故人の遺品の整理や住居の片づけなどは、身内などがおこなうのが通常でしたが、深い悲しみに追い打ちをかけることになるため、最近では専門の業者に依頼をするという家庭も増えています。

遺品整理士について

遺品整理の仕事は幅広く、故人が残した品物の整理や片付け、処分のほかに、故人が住んでいた住居の掃除などまで、お亡くなりになられた方の後片付けを全般におこないます。

要るものと要らないものに分けて、要るものは親族などに引き渡し、要らないものは自治体の指示に従ってゴミに出します。一見、簡単そうな仕事に思えますが実はとても大変な仕事です。

特に故人が一人暮らしだった場合には、衣類やコレクター品、アルバムなどのほかに、台所の食料品や食器類、調理器具などなど、どれから手を付けて良いのか分からなくなるほど、ごちゃごちゃしていることもあります。

こうしたものを手際よく分別し整理しようと思うと、不用品の的確な処分方法やリサイクル法の知識なども必要となります。こうした状況から現在は、遺品を整理するための専門資格が設けられています。

この資格を所有する方を遺品整理士と呼び、遺品整理をおこなう業者には遺品整理士の資格を持った方が在籍しているのが一般的です。

遺品整理を業者に頼む場合には

遺品の整理は、遺品専門業者もしくは家事代行業者に依頼をすることになります。

業者によってもサービス内容は異なりますが、ほとんどの業者は、遺品の整理と処分、故人が住んでいた部屋の掃除までをおこないます。

なかには、遺品の整理や処分などは自分たちでおこなうけど掃除は依頼したいという方など少なくないため、業者によってはサービス内容を細かく分散しているところもあります。

また、料金システムも業者によって異なります。時間で料金が発生することもあれば、日数で料金が発生することもあります。

このため、故人の遺品整理についてどのような内容で依頼したいのか?によっても料金や依頼する日数なども変わります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

遺品整理や不用品の処分などのお悩みの際はお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら