TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/07/04

生前整理とは

老夫婦の写真

最近注目されている生前整理とは

生前整理は自分が死ぬ前に、持ち物や財産などをある程度整理しておくことです。

自分が死んだ後に、残された親族が大量の遺品整理や相続問題などで苦労をしないようにと、最近では生前にさまざまな整理を積極的におこなう方が増えています。

遺品整理の違い

生前整理は生きている間に財産や持ち物を整理することですが、一方の遺品整理は死んだ後の身の回り品などの整理や処分、故人が住んでいた部屋の掃除などをおこなうことです。

不動産や遺産などをあらかじめ整理しておくという意味合いも含まれるので、その定義はとても広くなっています。

今住んでいる自宅が広いために小さめのマンションへ引っ越したり、老人ホームへ入居したりすることも考え方によっては生前整理に含まれます。

このほか、自分のお葬式で使用する遺影写真を選んだり、セレモニー映像の作成などをおこなうことも含まれます。年齢とともに体力や気力が低下をすると、こうした整理も面倒となってしまうので、できるだけ元気なうちに、と60代になったばかりで始める方も少なくありません。

生前整理の方法

先ずは何を整理すべきなのか?ノートなどに書き出してみると良いです。

例えば、貯金・車・マンション権利書・衣服・写真アルバム・コレクションの切手・CD・パソコン・家電・靴・家具などというように、とにかく思いつくまま並べてみてください。

この作業が終わったら書き出したものをある程度のグループにまとめます。貯金やマンション権利書などは遺産グループ、コレクションの切手や歌手のCDなどは趣味のグル―プ、写真アルバムなどは思い出グル―プ、衣服や靴などは生活用品グループなどと、全部で5つくらいのグループに分類をしておきます。

その後、それぞれのグループごとの整理方法を考えていくのです。

プロに任せるのがおススメ

このような作業は一人でおこなうのはとても大変です。

だからと言って、家族に手伝いを依頼したところで、デリケートな問題のため、積極的に手伝ってくれるとは限りません。

そうした時に、最近ではプロに依頼をして整理を進める方が増えています。

遺産や不動産などの財産分与、遺影の撮影やセレモニービデオの作成、葬式の式次第、現在所有している品物の処分についてなど、生前の整理をサポートしてくれる業者に頼むことで、自分だけでは難しいさまざまな生前の整理を効率良く行えるとこの手の業者の需要が増えています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

遺品整理でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら