TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

カテゴリー: 遺品整理

遺品整理についての記事を紹介します。


遺品整理はどんな業者に依頼するかで大きく違います

最近の遺品整理の傾向とは?

最近は親と離れて暮らす人が多く、遺品整理といってもなかなか簡単にいかないこともあります。

遠方の場合には時間を取ることが困難であったり、親族で集まるといってもそれぞれの都合に合わせるのも容易ではありません。

そこで最近増えているのが、故人の遺品整理を業者に任せるというものです。

“遺品整理はどんな業者に依頼するかで大きく違います” の続きを読む


遺品が見つかった時にどうする?

遺品を見つけたときは

遺品をどうするかは、相続人の気持ちによっても取り扱いが異なります。

故人の気持ちを大切に受け継ぎたいと考えている場合には形見分けとして親族に配ったり、そのまま保管しておいて使ったり飾ることになりますが、保管場所がない、特に必要ないものばかりであるというような場合には、処分したり売却して現金化することもあります。

“遺品が見つかった時にどうする?” の続きを読む


大量の遺品がある場合の上手な整理方法

遺品整理はどうするのがいい?

最近は、高齢の単身者が多く、亡くなった場合にも子供などの遺族が遠方にいることは珍しくありません。

その為、遺品整理がなかなか難しい場合も増えています。

特に、遺品が大量にある場合には、片付けにも相当な時間を要することも多いものです。

“大量の遺品がある場合の上手な整理方法” の続きを読む


遺品とその所有権の問題を解決しよう

遺品の所有権について

人が亡くなり、葬式をして火葬してひと段落付きますが、その後に遺品整理をする必要があります。

遺品は亡くなった人が愛用していたものや亡くなった人が持っていた財産になります。

これらを整理する場合、すんなり整理をすることができることもありますが、亡くなった人が使っていたものをたやすく処分することができないこともあります。

“遺品とその所有権の問題を解決しよう” の続きを読む


ベッドの遺品整理について

ベッドを1人で処分することは大変です

遺品整理においては主に生活雑貨や家財道具を処分する必要があります。

特に困難を極めるのが故人が使用していたベッドです。

サイズが大きく、重量もそれなりにありますので、一人で運び出すのは非常に難しいです。

“ベッドの遺品整理について” の続きを読む


遺品の形見分けの時期や方法の基本

形見分けの時期や、贈る品とは

遺品の形見分けをする際は、目安とする時期があります。

仏式なら四十九日の法要以降、神式なら五十日祭以降に行うのが通例です。

方法としては自宅に招いたり、先方へ持参するなど、状況によって異なるので、都合のよい方で大丈夫です。

“遺品の形見分けの時期や方法の基本” の続きを読む


遺品整理で刀が出てきた?!意外と大変なその対応とは!

遺品を整理していたら、日本刀が出てきた!こんな時どうしたらいいの?!

遺品整理を始めた時、思わぬ品物を見つけることは珍しくありません。

その中でも取り扱いに注意したいのは「日本刀」などの刃物です。

特に真贋や来歴などが全く分からない場合、その後どうしていいか困惑してしまうものですが、まずは「銃砲刀剣類登録証」が交付されているかを確認します。

これは住居地のある各都道府県の教育委員会から発行される証明書で、これが存在しない場合、「登録されていない刃物を不当に所持している」と見なされ「銃刀法違反」に抵触してしまう恐れがあるのです。

“遺品整理で刀が出てきた?!意外と大変なその対応とは!” の続きを読む


遺品をそのままにしておくことで生じる事とは?

借家に住んでいた場合の遺品

故人が一人暮らしをしていた、しかも借家に住んでいたと言った場合、遺品をそのままにしておくわけにはいきません。

賃借契約の中では部屋に住む人と大家さんの間での取り交わしにより部屋を借りることが出来るため、部屋に住んでいた人が亡くなった段階で身内は遺品を片付け、部屋の中を綺麗にした状態で部屋を大家さんに返す必要があるからです。

“遺品をそのままにしておくことで生じる事とは?” の続きを読む


遺品整理は四十九日が過ぎてからするのが理想的

遺品整理をする理想的なタイミングとは?

四十九日は、亡くなった人が今生から離れて天国に旅立つ日と考えられています。

地域や故人が亡くなった時期によっても多少の違いはあるようですが、喪明けとも言われており、この日には法要を行うのも一般的です。その為、遺品整理をこのタイミングで行う家庭も多く、四十九日を過ぎて整理するのが理想的と言われています。

四十九日のタイミングで故人の遺品整理を行うのは、他にもさまざまな理由が考えられます。

“遺品整理は四十九日が過ぎてからするのが理想的” の続きを読む


老人ホームでの遺品整理に困ったら?

遺族では対応出来ない場合の遺品整理

最近は、離れて暮らしているだけでなく、ある程度健康なうちから老人ホームに入居している人も少なくありません。

孤独死の心配は少なく、急病や持病の悪化にも迅速な対応が出来ることもあり、家族も安心ですが、亡くなった後は当然遺品整理は必要になります。

“老人ホームでの遺品整理に困ったら?” の続きを読む