TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

カテゴリー: 福祉整理

福祉整理についてのコンテンツです。


福祉整理でよりよい環境で老後を楽しく暮らそう

介護施設に入る前には福祉整理を検討してみましょう

あなたは「福祉整理」という言葉を聞いたことはありますか?遺品整理や生前整理などは頻繁に耳にするようになったけど、福祉整理って具体的にどんなことをするのかしらない人も多いのではないでしょうか。

老後の時間をもっと楽しく充実させる為にも欠かせない方法として注目されています。今よりももう少しよい環境のなかで生活したい!そんなあなたにこそ、福祉整理をおすすめします。

福祉整理とは

福祉整理は、高齢者や病気で在宅治療をしている方の自宅を整理整頓し、きれいに清掃することをいいます。遺品整理や生前整理となにが違うの!?と思われる方もいるかもしれません。

遺品整理は亡くなった人の遺品に対して行うものですし、生前整理は生きている間に自分が亡くなったときのことを考えて、残された家族の負担を減らす為に行います。これに対して福祉整理は「今よりも良い状況になるため」に行うもので、自分が亡くなったときのことを考えているものではないのです。

種類も多く少しややこしいのですが、それぞれが目的が異なると考えるとわかりやすいと思います。

また、年齢を重ねると思わぬところでコケてしまい怪我の原因になることもありますし、高い家具がおいたままになっていると地震のときなど命の危険性に関わることもあります。

自宅内でそういった危険のある家具・家電を見直し処分するだけでも、さまざまなリスクを減らせるはずです。また物が減り管理しやすくなると掃除も楽になりますし、衛生的な環境を整えることにも繋がります。

福祉整理は死を意識したものではない分、高齢の方でも前向きに考えて取り組む人が多いのも特徴です。離れて生活している家族にとって家のなかが散らかった状態のままになっていたり、危ない家具や家電がそのままになっていると心配になりますね。

見直してほしいと思いつつもなかなか口出しできないケースも。そんなとき福祉整理であれば家のなかの状況をもっとよくしながらしかもきれいになるのでメリットがたくさんありますね。

福祉整理を業者に依頼することによって、短時間で片付きますし処分の時間を簡素化することにも繋がります。遠くに住んでいてなかなか片付けにいけない実家の掃除も最適です。

福祉整理はどんな人が利用しているの?

福祉整理は具体的にどんな人の利用が多いのか気になる人もいるのではないでしょうか。福祉整理を使う人の多いパターンを分けて紹介します。

1. ゴミ屋敷や汚部屋

福祉整理を依頼する人の多くがゴミ屋敷や汚部屋になってしまい、この状況をどうにかして欲しいというものです。自分で片付けようにもゴミが多くなりすぎてしまいどうにもならないケースや、病気やケガで思うように体が動かなくなってしまい、ゴミ屋敷化してしまった人などさまざまな状況があります。

ゴミ屋敷のままで生活できなくはないけど、このまま老後を過ごすよりも一度きれいにしたいと、福祉整理を希望される方もいます。

2. 空いている部屋を有効活用

子どもが社会人になり家を出ていき、もともと使っていた部屋が空いたので有効活用したいといった依頼もあります。

今までは両親が一緒に寝ていたものの部屋を片付けてお互いの部屋を作って充実させたい、作業用の書斎が欲しいなどライフスタイルの変化によって空いている部屋をもっと有効的に使いたいと思う人も多いものです。

部屋の中を自分で出して片付けるのは簡単なことではありませんし、業者を使って片付けてしまう人も多いのです。

3. 施設に入るための家財整理・撤去

介護施設に入居したり、病気を患い病院に入院することになったなど自宅以外の場所で生活することもあります。これらの施設では必要最低限のものしか持っていけない決まりになっているので、今まで住んでいた家の荷物を片付けなくてはいけなくなります。

自宅に戻ってこられるかわかりませんし、少しでも荷物を減らしておき残された家族の負担になりたくないと考える人もたうさんいます。本人がすでに片付けができない状況の場合もあり、本人に代わって家財を整理整頓します。

4. 認知症になってしまったとき

認知症になり自分で片付けができなくなり、汚部屋やゴミ屋敷になってしまうこともあります。何度も同じものを買ってきてしまうこともありますし、セルフ・ネグレクトの状態になってしまうことも。

大家さんが他の入居者からクレームを受けて片付ける場合もありまうし、自治体が片付けるケースもあります。他の入居者の人に迷惑がかかるぐらいなら、強制的に清掃してもいいことになっています。

5. 自宅介護を始めるとき

一人で生活していた両親を自宅に読んで同居するパターンです。もともと住んでいた家から必要なものを持ってくる場合が多いのですが、仕分けとして福祉整理を行います。なかには両親がもともと住んでいる家でそのまま介護を始めるケースもあるかもしれません。

転倒したときの危険性を防止するための片付けや、手すり工事などのバリアフリー、介護ベッドなどの大型の器具を入れるなど、さまざまな目的を持って片付けるケースが多いのです。

6. 定期清掃も含めて考えているとき

元気で介護を必要としない人であっても、福祉介護が必要なケースもあります。日常の片付けなど最低限のことはできるものの、年を重ねて体力がないので徐々に部屋の中が汚くなってしまうこともあります。

例えば家具を移動しないとできない掃除もそうですし、重いものだと後回しにしてしまうことも…。定期清掃として福祉整理で部屋の中をきれいに保てるようにするケースもあります。

福祉整理は、「福祉」と名前がついているので、要介護認定を受けていないと使えないと思っている方もいるかもしれません。あくまでも業者が行っているサービスですので、介護認定がなくても使えます。

家のなかをきれいに保ち毎日の生活がもっと楽しく、充実したものにできるのが福祉整理です。高齢になり掃除が億劫になってしまう人も少なくありません。福祉整理を行うことでゴミ屋敷を未然に防ぐ目的もあります。

福祉整理をするメリットとは

福祉生理が気になっているものの、わざわざお金を出してまで部屋の掃除をする必要があるのか?疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。福祉整理を行うメリットにはこんなものがあります。

1. 清潔な空間で生活できる

福祉生理を行うことで衛生的で清潔な空間で生活できるようになります。掃除ができていない部屋の中では、カビが大量に発生してしまいカビを吸い込むことによって呼吸器系の病気になってしまう危険性もあります。

またダニだらけの布団で寝ると皮膚炎の可能性もあります。部屋の掃除ができていない状況は心身ともに病気のリスクが出てきてしまいます。福祉整理でいつでも清潔な部屋を維持することは、健康で長生きするうえで重要です。

2. 周囲の家に迷惑をかけない

汚部屋やゴミ屋敷は周囲の家に迷惑がかかってしまいます。悪臭の原因になったりゴキブリやハエなどの害虫が発生する原因になります。

ゴミ屋敷だからといって周囲の人には迷惑をかけていないし…と思っていうかもしれませんが、地域の景観を損ねていたり災害時に倒壊してしまう危険性もあります。長くその土地で住んでいる人も多く、近隣の家とは仲良くしておきたいと思う人も多いのではないでしょうか。

3. 火災の危険性がなくなる

家のなかが汚くなりゴミで溢れかえるようになると、怖いのは自然発火による火災が起きてしまうことです。例えば家のなかに紙ゴミが溢れていてコンセントの部分を覆っていたばかりのショートが原因で火災になってしまう、タバコを吸った灰が落ちて一気燃え広がってしまったなど…。

火災が起きると周囲の家に迷惑をかけるのはもちろん命にかかわります。また、部屋の中が片付いていると転倒の危険性もなくなります。

福祉整理にはいかにメリットが多いのかわかっていただけたのではないでしょうか。高齢者の方が安心して生活するためにも、福祉整理を前向きに考えてみてくださいね。

福祉整理はどんな業者に依頼すればいいの?

福祉整理を利用したいけど、どんな業者を利用するべきか迷っている人もいると思います。福祉整理の片付け方は、生前整理や遺品整理などと基本的なやり方は同じです。それぞれ依頼者や故人の方を大切にするために行うもの、というとイメージしやすいかもしれません。福祉整理を依頼するときは、生前整理や遺品整理の実績がどの程度ある業者なのかを調べたうえで、安心して任せられる業者選びをしてくださいね。

また福祉整理を利用するときは、業者が提示した金額や内容を十分に理解し判断する力がある人が、業者を決めたり契約するようにしてください。業者と高齢者がやりとりをすることが多くなり、判断力が衰えているとぼったくりなどの被害も出てきてしまいます。福祉整理のようにどのぐらいが相場になるのかわからないものの場合、業者から提示された金額をそのまま信用してしまいます。

何度も利用したことがあったり信用できる業者でない限りは、高齢者と業者だけのやりとりではなく第三者を交えて契約を行うようにしてくださいね。子どもに一緒に立ち会ってもらったり、支払いや契約内容を決めるときなど現役世代がいるだけでも対応が変わる業者もいます。業者選びは慎重に行うこと、また複数の業者で見積もりをもらい提示された価格が本当に正しいのか判断したうえで決めていきましょう。

まとめ

福祉整理についてまだまだ認知度も低いので知らない人のほうが多いかもしれません。汚部屋やゴミ屋敷になってから慌てて片付けるよりも、日常的に掃除ができていて清潔な環境が保てていれば高齢者にとってもメリットが大きいですよね。

生前整理や遺品整理のしやすさにも繋がりますし、残された家族の負担軽減にもなります。福祉整理は誰でも利用できるものになり、人生を充実させるためにも欠かせません。


戸建てを手放し介護施設に加入する為の片付けについて

介護施設に入る前には福祉整理を検討してみましょう

介護施設に入居するので家にある不用品を片付けたい。そんなご依頼をいただくこともあります。ご主人が亡くなり一人で生活しているのが寂しい場合や、足腰が弱くなってしまい一人で買い物をするのが辛くなったなど理由は様々です。

“戸建てを手放し介護施設に加入する為の片付けについて” の続きを読む


年々増える「福祉整理」なら当社にお任せ!

施設で亡くなった場合の遺品整理

みなさんは福祉整理を知っていますか?
高齢化社会において、若い人がいない高齢者だけの世帯がどんどん増えています。自分がその世代にならないとわからないことですが、年を重ねれば重ねるほど動くのが億劫に感じてしまう人も多いのです。日常生活では当たり前にできたことも、高齢者にとって見ればそれを毎日行うだけでも一苦労です。

“年々増える「福祉整理」なら当社にお任せ!” の続きを読む


福祉整理とは

福祉整理について

高齢者社会に伴い、人口の約1割弱が80代以上となっている日本。

お年寄りが一人暮らしをされていることも珍しくなく、認知症や身体の不調、病気などの理由で体の自由が利かず、部屋の掃除や整理ができず、生活環境悪化に悩む方が増えています。

“福祉整理とは” の続きを読む