TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

Category: 遺品整理

遺品整理についての記事を紹介します。


元気なうちに生前整理をするのはメリットだらけ

年末年始は生前整理のチャンスです

近頃は「生前整理」について、耳にする機会も増えてきました。自分のこれから先のことを考えたときに、生活をより充実させ、家族に負担をかけないためにも、元気なうちの生前整理をおすすめします。体が動くうちだからこそスムーズに進みますし、自分で決めた片付けができるのも大きいと思います。生前整理のタイミングに迷っている人も、これからやってくる年末に向けて、生前整理を進めていきましょう。 “元気なうちに生前整理をするのはメリットだらけ” の続きを読む


福祉整理はどんな時に必要なの?考えるべきことは?

施設で亡くなった場合の遺品整理

高齢化社会が進んでいる現代において「福祉整理」を考える人も増えています。そもそも福祉整理とは、部屋のなかの不用品やゴミの片づけはもちろん、快適な生活環境を整えるための作業になります。年齢を重ねて、自分で片付けるのが難しい人の場合、生活環境も最適とは言えません。なかにはゴミ屋敷になってしまうケースもあります。福祉整理について、必要なのかどうか悩んでいるあなたに、どんなときに必要なのかを紹介したいと思います。 “福祉整理はどんな時に必要なの?考えるべきことは?” の続きを読む


持ち家の処分を考えているあなたに、メリットとリスク

実家の処分と整理

高齢になってくると自分の人生について考える機会も増えると思います。20代・30代のときに将来のためにと考えて住宅ローンを組み購入した我が家。支払いは終わったとはいえ、子供が家を出ていくと、このままでいいのか考えてしまいます。持ち家を手放すうえでのメリットやリスク、また片付けのポイントについても紹介していきたいと思います。 “持ち家の処分を考えているあなたに、メリットとリスク” の続きを読む


終活で別荘を手放すことの意味

終活で必要なものを考える

コロナの影響もあり「終活」について、真剣に考える人も増えています。自分の死と向き合うことで、最後まで自分らしい充実した人生を過ごすためにも大切なことです。一言に終活といっても種類がたくさんあります。なかでも“使わなくなったものを見直す”ことも終活の一歩になります。終活で使わなくなったアトリエや別荘を手放す意義についてお話したいと思います。もったいないから、自分の残りの人生を考え行動できるようにしましょう。 “終活で別荘を手放すことの意味” の続きを読む


田舎に処分前のだれも住んでいない実家が残っている人へ

生理前の空き家、実家の処分

田舎に処分前の実家があり、処分に困っている人もいるのではないでしょうか。家から全員が出ていってしまい、空き家状態のまま放置しているなんて人もいると思います。亡くなってしばらくは手続きなどで忙しく、つい忘れてしまいがちです。でも、そのままにしていると、管理責任などの問題も出て来てしまいます。実家の処分に困っている人に、どんな方法があるのか、わかりやすく解説していきます。 “田舎に処分前のだれも住んでいない実家が残っている人へ” の続きを読む


年の離れた兄弟に生前整理を進めるときのポイント

兄弟に生前整理を進めるポイント

生前整理は年代を問わずに必要なものです。人間誰しも、いつどこで何があるかはわかりません。自分もそろそろいい年になってきたし、生前整理をして残された家族にかかる負担を軽減してあげたいと考えている人も多いのではないでしょうか。でも、ふと思い返してみると年の離れた兄弟も生前整理について考えるべきなのでは?と思うこともあります。親しき仲にも礼儀ありというように、兄弟だからこそ注意しなくてはいけないこともあります。

年の離れた兄弟に生前整理を勧める理由

親切心で生前整理の必要性を伝える場合もあれば、自分にかかる将来的な負担を考えて生前整理を促すこともあると思います。例えばすでに両親が亡くなっており、年の離れた兄弟が結婚していないとします。もしくは結婚していても子供がいないご家庭などもあります。すると、亡くなったあとに財産分与は兄弟も対象になります。それが財産などのプラスの資産であればいいのですが、借金やローンの残った住居だとしたらどうでしょうか。ある程度の年齢になってきたら、一人で生活するにしても生前整理を前向きに考えてほしいものです。あなたが相続人になると、亡くなった兄弟の代わりに部屋の片付けをしなくてはいけないケースも出てきます。いくら兄弟とはいってもそれが負担になることだってあります。また、兄弟でも大人になれば自然と距離ができお互いに知らないこともあります。年の離れた兄弟がいる場合は、こうした話も日頃からしておくことで、お互いの意向を尊重することにも繋がります。年が離れていなくても、ある程度の年代になったら話しておきましょう。

兄弟に生前整理を勧めるときに注意すること

兄弟に生前整理を勧めるとき、つい間違えた方法をとってしまうとそれが原因で喧嘩になってしまい、なかには絶縁状態になってしまうケースもあります。兄弟だからといっても、生涯仲良しなんてことはありません。勧めるときの注意点を紹介します。

・あくまでも相手のためであることを主張

生前整理を勧めるのは、あくまでも相手のためであり自分の都合ではないことをしっかりと主張しておきましょう。生前整理と言われると、なかには不快感を示す人もいます。自分が元気なうちにそんな話をするなんて…と嫌な想いをすることもあるのです。だからこそ、生前整理は残りの人生をポジティブ(前向き)に生きるためであり、充実した時間を過ごすために必要であることを伝えるようにしましょう。兄弟とはいえお互いに大人ですし、環境によっても思うことは違います。あくまでも相手のためをおもっていることが伝われば、生前整理に対して、そこまで不快感を示すこともなくなります。

・焦らず、自分の気持ちを押し付けない

生前整理に対しての考え方は人それぞれ違います。それを否定すればお互いに嫌な気持ちになります。また生前整理を焦って伝えても、兄弟だからこそ相手の気持ちがわかるもので、なにか裏があるのかな?なんて考えてしまいます。他人とは違い、一緒に過ごしてきた時間も長いからこそつい強い言葉で伝えてしまうこともあります。それが喧嘩の元になってしまうケースも少なくありません。兄弟といえども、お互いに寄り添いあう気持ちも必要です。自分の気持ちを押し付けるのではなく、こういった方法があるよと伝えるようにします。本人が生前整理をしてみようかなと思わせることが重要になってくるのです。

・コロナだからこそ提案しやすい

今は世の中がコロナの話題でもちきりです。コロナに感染したときのリスクを考え、万が一に備え、4人に1人は生前整理について考えるようになったとも言われています。以前は生前整理というと、聞き慣れない言葉なのもあり拒否感もありました。でも周りの人がやっている=自分もやるべきことなんだと思えれば、自然と敷居も低くなり生前整理にたいして前向きな気持ちにもなります。自分だけ…と思わせるのではなく、今の世の中の風潮でもあると思えば、そこまで嫌がる人もいませんよ。

生前整理の負担を軽減するなら業者におまかせ

生前整理の負担をいかに減らすかと考えたときに、業者に依頼する方法もあります。いざ、生前整理をしてみると、不用品も多く大型のものばかり…。自分で部屋から運び出すのは難しく、車もないので業者に依頼したいなんて人もいます。不用品の処分に時間がかかると考えると、生前整理もなかなか進みません。事前に不用品回収業者に依頼してしまい、あとは決められた日時までに不用品を確認し、まとめておけばOKです。回収日を決めてしまったほうが、後回しにならず、片付けも進むはずですよ。

まとめ

年の離れた兄弟に生前整理をして欲しいとおもっても、無理に強制したり、やる気にさせようとしても逆効果になってしまいます。生前整理の必要性について、一緒に話していけるのが一番です。お互いに残された家族に負担をかけない方法が選択できるといいですね。


義理実家の動物の毛が原因で生前整理・遺品整理ができない

遺品整理の時期について

自分の実家とは違い、義理実家が相手になるとより気を遣いなかなか本音が言えなくなってしまいます。特に義理実家に動物がいて、アレルギーでできるだけ近寄りたくない、また、臭いや毛が気になってしまい、行くのをためらってしまうこともあります。生前整理や遺品整理など、どうしてもやらなくてはいけないケースも出てきます。嫌な気持ちで行くよりも、不用品回収業者に依頼して、負担なく片付けをしていきませんか。

義理実家のペットの毛で悩んでいる人は多い

犬や猫などペットは家族でもあり、大切な存在です。でも、人によっては今までペットがいる環境で生活したことがない、近くにいるだけでもちょっと苦手なんてケースもあります。義理実家にペットがいる場合、それが原因でなかなか顔を出せないと話す人も少なくありません。飼っている側は当たり前になってしまっているのですが、ペットの臭いや換毛期の毛などはどうしても気になるもの。特に子供が小さい、潔癖症などペットのいる空間が苦手な人もいます。大切な家族だからこそ言えないこともありますし、義理実家になると余計なことを言ってトラブルになるぐらいなら…と諦めてしまいます。義理実家のペットの毛で悩んでいる人は多く、生前整理や遺品整理などやらなくてはいけないことがあるときでも、ちょっと近寄りたくないなんてケースも。義理実家の片付けが問題になってしまうのです。

義理実家の生前整理や遺品整理はどうしたらいい?

例えば、義理の両親のいずれかが亡くなり、片付け作業などが必要になることもあります。残された両親一人で片付ければいいのでは?と思うかもしれませんが、実際高齢になった両親に部屋のなかの片付けをさせるのは負担になってしまいます。具体的にはどんな片付け方があるのか、紹介したいと思います。

・旦那さんに行って片付けてもらう

自分の実家なんだから旦那さんに行って片付けてもらいたいと思う人もいると思います。確かにそのとおりではあるのですが、生前整理や遺品整理はそんなに簡単な話ではありません。一人で片付けられる程度の荷物ならまだしも、長く住んでいるとあっという間に荷物も増えてしまい不用品だけでも大量になってしまいます。旦那さんに片付けてもらうにしても、仕事が忙しく限られた日しか行けないのであれば、あまり現実的ではありません。旦那さんにとっても負担になってしまうので、できれば協力し会える状態がいいですね。

・業者に依頼して片付けてもらう

義理実家が離れているなど、近くにない場合は、業者に依頼して片付けてもらう方法もあります。遺品整理に特化している業者であれば、家のなかにある必要なものと必要でないものを見極めて、不要なもののみ処分してくれます。ペットの毛が気になるあなたにとっても、その場に足を運ばずにきれいに片付くので、一石二鳥です。業者に依頼して片付けてもらうことで、精神的な負担の解消にもなります。片付けせずにそのまま放置しているのもいいことではありません。「いつか片付けなくては」と思うほどに負担になってしまいます。業者に依頼して片付けてもらう方法もあるので、無理なくできるやり方を選択してください。

・片付けるのを諦める

生前整理や遺品整理など、いつかは片付けなくてはいけないことをわかっていてもどうにもならないときは、一度片付けを諦める選択もあります。ペットの臭いや毛などは、飼っていない人にとっては本当に苦手な場合も多く、部屋に入るのすら嫌だと感じる人もいます。特に動物アレルギーを持っている場合は、片付けも安易にできません。無理に片付けるのではなく、諦める選択も視野に入れてみてもいいと思います。

片付けたくないときは業者に依頼して解決

本来なら片付けるべきなのはわかっているものの、難しい場合は業者に依頼するのも一つの選択です。なかには自分たちで片付けないと顔向けできないと悩み、自分を追い込んでしまう人もいます。でも他にもやらなくてはいけないこともたくさんありますし、無理に向き合って負担になるよりも、プロの専門家に任せてしまったほうが安心です。部屋のなかにある不用品の運び出しや仕分け、処分なども全部自分で行うとなると、1日では終わりません。業者であればあっという間に終わりますし、片付けが滞ることもないのです。ただし、遺品整理業者になると、なかには悪質な業者もいます。価値あるものを不用品として処分してしまう、勝手に買取に出してしまうなどのトラブルも考えられます。片付けの業者選びは、慎重に、本当に信頼できるかを考えて決めるようにして下さい。

まとめ

義理実家のペットの毛や臭いに悩んでいる人は意外と多いものです。どうしても行かなくてはいけない用事ができたときも、できるだけ負担にならない方法を選ぶようにしましょう。業者のなかには、ハウスクリーニングまでお願いできるケースもあり、一通りの作業から解消されるはずですよ。


コロナで突然死を防ぐための生前整理のすすめ

親子仲良し

コロナの影響もあり、離れて生活している両親となかなか会えない…なんて悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。TVのニュースなどで突然死の話を聞くと、他人事には思えません。でも、何をしていいのかわからない…そんなあなたにこそ、両親の生前整理をおすすめします。突然死を防ぐためにできることとして、この機会に話してみてはいかがでしょうか。

突然死を防ぐために生前整理をおすすめする理由

突然死とは、いきなり亡くなってしまうことをいいます。コロナは感染してから悪化するまでのスピードが早く、あっという間に亡くなってしまうこともあります。それぞれに生活がある以上、気にかけるにしても限界があります。
だからこそ突然死を防ぐために生前整理をおすすめしたい理由があります。

・両親と話すいい機会になる

家を出てしまうと、両親と連絡をとるのは数ヶ月に1回程度なんて人もいるのではないでしょうか。「元気かな」と気にしたとしても、わざわざ電話をかけることもなくなります。なかには何を話していいのかわからないなんて話す人も。生前整理は生きているうちに整理を行うことで、その後の人生を充実させ、心身ともに健康でいることに繋がります。両親のことを心配していても、なかなか話す機会がないなんて人は、生前整理を機会に両親に電話してみてもいいかもしれません。親は、子供のことを思うからこそ自分からは電話をしませんし、気にかけてもらえていることで「元気で頑張らないとな」と思うきっかけにもなります。自分のことを思ってくれている相手がいるのは嬉しいものですよ。

・家に人を招きやすくなる

生前整理をきっかけに自分の人生を見直すいいタイミングにもなります。家のなかが汚いと、誰かを家に招くなんてこともなくなり、積極的にコミュニケーションをとらなくなってしまいます。一度距離ができると、友達関係も希薄になりますし、誰とも話さないのが当たり前になってしまうこともあります。生前整理で自分の人生を見直し、部屋のなかもきれいな状態だと、誰かを呼んで一緒に会話を楽しむ機会もできますし、部屋がきれいだと明るい気持ちにもなります。人を招きたいと思える家は、住んでいる本人の気持ちも明るくしてくれますし、コミュニケーションが増えるので一人で長期間過ごすこともなくなります。

・部屋のなかがきれいだと健康にも繋がる

部屋のなかが汚れていて、ハウスダストが蔓延している状態と、すっきりと片付いていていつでも部屋がきれいな状態だと、どちらが健康に過ごせると思いますか。コロナでなくても高齢者の場合は、肺炎などのリスクもあります。汚い部屋のなかでは健康を害してもおかしくないのです。また積み上がった荷物が部屋中にあると、それが落ちてきて怪我をすることもあります。部屋のなかをきれいにしておくことで、健康を維持しようと前向きな気持になることも十分に考えられるのです。近くに住んでいないからこそ、両親には健康でいてほしいものですよね。生前整理を通して自分の健康にも意識を向けることも必要です。

生前整理を嫌がる両親を説得するには?

コロナの影響もあり、以前よりも生前整理について考える人も増えています。もしものときを考えたときに、何も準備をしていない状況では、残された家族にも負担になってしまいます。以前よりも生前整理の言葉も聞くようになりました。嫌がる両親をどうにか説得したいのであれば、まずは何度も電話で話すなどコミュニケーションの回数を増やし、気にしていることを言葉で伝えられるといいでしょう。久しぶりに連絡をとって、いきなり生前整理の話をされれば不快に思うものです。日頃から電話なりコミュニケーションをとることで、自然と距離も縮まりますし、生前整理も受け入れてもらいやすくなります。無理に生前整理をさせようとしないこと、心配している気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。

生前整理は不用品回収業者におまかせください

両親の家の生前整理をしたいと思っても、離れて生活しているからこそできることは限られてしまいます。でも不用品をどうやって処分するべきなのかも考えてしまいますよね。そんなあなたにこそ不用品回収業者がおすすめです。不用品の仕分けなど関係なく、もえるゴミやもえないゴミ、粗大ごみ、家電、家具なんでも処分します。家の運び出しからお手伝いしますので、電話一本で依頼するだけです。荷物の仕分け、運び出し、処分などのすべてを行いますので、部屋のなかの不用品が多くて困っている人も安心です。

特に年末年始などの繁忙期になると混雑し、希望の日時の予約が取れないこともあります。そのため、今の10月から予約を取り早めに片付けをするのをおすすめします。生前整理を通して両親とのコミュニケーションの手段になるといいですね。離れていても、心配してもらえる、気にかけてもらえていると思うのは嬉しいものですよ。


父親が亡くなり、残された母のための遺品整理とは

陶器類の整理中

両親が健康で長生きしてほしいと思っていても、先に父親もしくは母親が亡くなってしまい遺品整理が必要になることもあります。この場合、残された母親(父親)が一人で生活することになり、子どもにとっても不安になる人もいるのではないでしょうか。両親のいずれかが亡くなったときに、子供の立場からできる遺品整理についてお話したいと思います。 “父親が亡くなり、残された母のための遺品整理とは” の続きを読む


生前整理は60歳までに!元気なうちに見直すメリット・デメリット

陶器類の整理中

近頃、耳にするようになった「生前整理」ですが、タイミングで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。自分にもしものことがあったときを考えると、早めのほうがいいのかなと思う人もいますし、まだまだ元気だから先の話ではと考える人もいるかもしれません。 “生前整理は60歳までに!元気なうちに見直すメリット・デメリット” の続きを読む

自動チャットでご案内します
自動チャットで問い合わせる
×