TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/04/02 更新日:🕒2017/06/10

引越し時の原状回復とは

原状回復とは?

一般的に原状回復とは賃貸物件(アパートやマンション)の退去時における下記のような作業をいいます。内

  • 装スケルトン解体
  • クロスの張替え
  •  カーペット
  • タイルカーペットの張替え
  • クッションフロアの張替え
  • 畳の表替え
  • ふすま・障子・網戸・天袋の張替え
  • ウッドタイル
  • フローリング
  • ソフト巾木交換・ペーテーションの撤去と処分
  • カギやシリンダーの交換
  • ハウスクリーニング等々があります。

具体的によくある質問をあげましたのでお答えします。

●原状回復って具体的に何をするんですか?

原状回復は、テナントや賃貸住宅の退去時に、傷ついた壁紙や床材、設備などを貸し出された当初の状態に戻す事をいいます。

どこにどういった作業が必要になるのかは契約内容や物件の状況によって変わってきますので、まずはご相談いただければと思います。

●原状回復は必ず行わなければならないのでしょうか?

原状回復は物件を元の状態に戻して、管理業者やオーナーに戻すために必要な作業です。 契約条件により様々ですが、物件を借りた際に契約書などで定められている場合には行う義務があります。

原状回復工事が必要かどうかがわからないときには、物件を管理している管理業者などへお問い合わせいただくことをお勧めします。  

●原状回復とリフォームの違いについて教えてください。

同じような作業であるリフォームと原状回復ですが、リフォームは今ある設備の機能性や美観に関してより良いものにして、物件の価値を高めるものです。

それに対して原状回復では、物件を使用している内に損耗していった場所を元通りに戻す事をいいます。

メールでのお問い合わせはこちら