TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/27

遺品整理は誰がすべき?トラブルにならないために

遺品整理をするのは誰が適任?

遺品整理は故人の持ち物を整理し処分する作業で、一般的には個人的な作業であり、身内で済ませるものと考えられてきました。

しかし高齢化社会が進み、また核家族などが増え、親族のつながりも薄くなりつつあります。また遠方に住んでいるため作業ができないと言った問題も少なくありません。

遺品整理は誰がするものか、という明確な決まりはなく、夫であれば妻が、親であれば子供がという風に家族が整理することがほとんどです。

しかし近い血縁がおらず、甥や姪が整理を行うといったこともあります。また遺品整理を行いたいが、高齢で作業ができない、整理をする時間がない、といった問題もあります。

持ち物の整理や処分には費用がかかるため、誰が行うか費用を負担するかといった点でもトラブルが起こりやすくなっています。

遺品整理を自分がすることになったら

遺品整理をおこなう役目が自分になった場合、注意しなければならないことがあります。

よくありがちなトラブルが、勝手に整理を行ったことによる親族とのトラブルです。

故人が賃貸住宅や老人ホームに居住していた場合、早急に退去する必要があるため、周囲に連絡をしないまま遺品整理を行わざるを得なくなることがあります。

遺言状があれば、その内容にそって故人の持ち物を分ける必要がありますが、そうでない場合に片付けるだけだから、と勝手に処分してしまうと親族などから何があったのか一覧にして見せるようにといった要望を出されることがあります。

親族が集まる四十九日などに、誰が遺品整理を行うのか、また形見分けや遺品整理にかかる費用の負担など、相談し決めておくようにしましょう。

日頃から親族と連絡を取り合うことも必要ですが、物品や金銭のトラブルに発展しないよう、前もって相談することも大切です。

遺品整理でトラブルにならないためには業者に依頼するべき?

遺品整理で金品が出てきたり、遺言状などが出て来た場合など親族間でトラブルになることが少なくありません。また遺品整理についても、誰もやりたがらないといったこともあると同時に、自分がするべきという人が何人も出てまとまらない場合もあります。

このようなトラブルがあっては遺品整理を進めることも難しくなります。また遺品整理をしたくても、親族が全員集まることが難しい場合などは、公平な立場の第三者である業者に依頼するのが作業もはかどり、不用品の処理についてもお願いができます。

生活総合サービス企業組合は、遺産整理や生前整理の実績があり、地元に密着した信頼のおける業者です。

かかる費用についても分かりやすく、安心して依頼できます。親族に報告する際にも、知名度が高く自信をもって紹介できる生活総合サービス企業組合に、遺品整理をお願いしてみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら