TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/04/20 更新日:🕒2016/05/28

一人では手に負えない遺品整理も私たち不用品回収業者にお任せください!

家族や親戚が亡くなって遺品整理の必要があるものの、「遠方に住んでいて片付けに行けない」、「遺品が大量にあって一人では手が付けられない」など、さまざまな理由でお困りの方もいらっしゃるでしょう。

故人の思い出がつまった身の回りの品ですから、処分する前に残すべきものと捨てるものとしっかり分別しなければなりません。

不用品整理のなかでも、もっともたいへんな部類に入るのが遺品整理です。

そんな一人では手に負えない遺品整理であっても、不用品の回収業者のなかにはすべてを引き受けてくれるところがあります。

遺品と一口に言っても、その内容は個人によりさまざまで、不動産から家具、衣類、生活雑貨、手紙や預金通帳にいたるまで千差万別です。

本当に大切なものは遺品として遺族で分け合いますが、それ以外のものは必要なければ処分せざるを得ないことになります。

家具や家電を始めとした通常のものなら、一般的な回収業者に依頼すれば十分ですが、遺品のなかには仏壇や神棚など処分の前に供養が必要なものもあり、それらをゴミ扱いして処分するわけにはいかないとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

そんな不安点も、遺品整理を得意とする回収業者に依頼すれば、すべて解消してくれます。

残すものと処分するものを分別する手伝いから引き受けてくれたり、仏壇や神棚であれば、それらの供養も請け負ってくれたり、また、遺品整理後のお部屋の掃除や脱臭といったハウスクリーニングをも引き受けてくれるところもあるのです。

プロの回収業者ですから、手際よく遺品を分別、処分できるので、短時間で遺品整理を完了することが可能です。

ただ、遺品整理は、通常の不用品回収とは異なるので、料金は少し高めとなっています。

処分品1点につきいくらというより、部屋の大きさによって料金を設定しているところが多いです。相場的にはワンルームであれば3~5万円といった辺りが多くなっています。

当然、部屋の大きさや数が多くなると料金は高くなります。ただ、この料金は一応の目安であって、品物の大きさ、重さ、数、運び出しの状況など、実際に現場を見ないことには正確な料金は提示できません。

まずは、無料見積もりを依頼して、どの程度の処分をお願いするかを決めましょう。

メールでのお問い合わせはこちら