TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/20 更新日:🕒2016/10/25

服は遺品整理の中でも意外と大変!高価なものや大量な衣類の整理を上手にするには?

衣服など布団類の不用品

こんなことで困っていませんか?

遺品整理は実際に同居していた親の場合であっても、実際に取りかかるまでには意外と時間を要するものです。

荷物の多い場合や、離れて暮らしていた親の遺品整理を親族でやろうとする場合などは、なかなか全員の都合が合わないということも珍しくありません。特に意外と処分に困るのが服です。

服と言ってもその種類はいろいろあります。普段着から礼服など、故人が特に高価なものを所有していなかった場合でも、大量にあると処分するには結構な労力と時間がかかります。

また、着物やブランド品、毛皮など高価なものをたくさん所有している場合には、遺産分けする必要性も出てきます。仮にすべて処分する場合であっても、その価値をしっかり判断してリサイクルしたり、不用品として処分するのも個人では限界があります。

遺品整理に関わるさまざまな問題

近年は核家族化によって、両親が離れて暮らしているということは多いものです。遺品整理をしたいが、遠方でなかなか時間が取れないといった事情を抱えている人は少なくありません。

また、故人が賃貸物件で暮らしていた場合には、早期に部屋を明け渡す必要があったり、部屋の汚れが酷く、なかなか自分達では清掃や原状回復が難しいという事情を抱えてしまうことも珍しいことではありません。

今はこうした問題に悩む家族が意外と多く、遺族に変わって遺品整理を受けてくれる業者も増えているのです。

個人ではなかなか対応しきれない遺品の処分やリサイクルに、部屋の汚れの清掃までを代行してくれます。

専門の資格を有している業者であれば、さらに安心して任せることが可能です。

今、遺品整理は、業者に任せる時代に変化しつつあります。

安心して任せられる業者は?

生活総合サービス企業組合は、こうした遺品整理の問題を解決出来る業者です。衣類を始めとした個人の遺品の整理と処分はもちろん、酷い部屋の汚れなども一括して対応出来るので、不用品の回収と清掃を分けて別々の業者に依頼する必要もありません。

また、さまざまな事情から第三者への依頼を躊躇してしまう場合にも、個人情報を原種しますので安心です。故人が住んでいた住居の片付けに入る際には、事前に近隣への挨拶などもしっかり行ってくれるので、快く任せられます。

遠方でなかなか行けない場合や、病気や仕事を抱えているなど何らかの事情で自分では行けない場合なども、生活総合サービス企業組合ならすべて代行してくれます。

事前にお見積もりし、納得してから作業に入るので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

メールでのお問い合わせはこちら