TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

結婚をする前に!実家のごみ屋敷のリスクが大きすぎる

ごみ屋敷になる前に不用品業者に依頼しましょう

結婚を前提にお付き合いしている相手がいたり、実家への挨拶もそろそろかな…と思っているものの、「ゴミ屋敷に人を招くなんて考えられない!」そんな人はいませんか。実家がゴミ屋敷でとにかく物が多く、足の踏み場もない…。

結婚を考えたときにこんなんじゃ嫌われても仕方ないかもと落ち込んでしまう人もいるかもしれません。結婚を考える前に実家がゴミ屋敷だとどんなリスクが考えられられるのか?また、片付ける方法にはどんなものがあるのでしょうか。実家のゴミ屋敷で悩んでいる方必見です。

結婚を考える相手だと実家に呼ばないわけにはいかない

家族同士が繋がる結婚では、さまざまな場面で自分の両親や相手の両親に会う機会があります。例えば「結婚を前提にお付き合いしています」と挨拶するときも、相手の実家に足を運ぶのが一般的です。

ゴミ屋敷で足の踏み場もなければ別に飲食店の予約を取ってそこで挨拶をすることもできますが、結婚する相手の実家に行ったことがない人はいないはずです。また結婚したあとも帰省やお正月など実家に訪問する機会もありますね。

今までずっとゴミ屋敷だった人の場合、友達は家に呼ばなくても問題ありませんが結婚を考える彼女や彼氏になるとそうもいきませんよね。実家に行かない理由を「実家がゴミ屋敷で…」と説明しなくてはいけなくなり、結婚に障害が出てしまうことも考えておかなくてはいけません。

特に交際している相手と結婚をする場合、「今までどんな環境で育ってきたのか?」「両親はどんな人なのか?」を知る為にも重要なことです。ゴミ屋敷だからと何度も断っていても、それでも呼びたくないとなってしまえば「なにかあるのかな?」と疑われてしまいます。例えば借金だったり、家族の介護が必要などなにか言い出せないことがあるのかな?など。

実家がゴミ屋敷のリスクとは

実家がゴミ屋敷だとどんなリスクがあるのか具体的に説明していきます。「誰も来ないからOKでしょ」なんて思っているあなたは、ぜひ考えるきっかけにしてくださいね。

1. だらしなく思われる

あなたの結婚相手がゴミ屋敷だったらどんな気持ちになりますか。大切な相手だとしても「ゴミ屋敷はちょっと…」そんな気持ちになる人も多いはずです。部屋の中の片付けもできないだらしない人なのかな?とか、家族でゴミ屋敷に住めるってどういうこと?などネガティブな印象になってしまいます。

実家はその人が今までどんな環境で育ってきたのかを知る機会でもありますし、ゴミ屋敷だと引いてしまう人もたくさんいます。

2. 将来的な不安の原因

ゴミ屋敷に住んでいる両親に対して「老後はどうするの?」流石にこの家に住み続けることもできないし…などと将来的な不安を考えてしまう人もいます。ゴミ屋敷のまま放置してあちこちにカビが生えていたり、異臭がしたり物が崩れ落ちそうになっている家で長期間住み続けることはできません。

元気なうちはいいものの将来は別の場所に引っ越しをしなくてはいけなくなったり、二世帯住宅なども考えなくてはいけません。結婚すれば実家も大切な家族になりますが、ゴミ屋敷に住んでいるのをそのままにもできません。

3. 結婚相手が家事ができるのか不安

結婚する相手の実家がゴミ屋敷の場合、結婚して一緒に生活するようになったら掃除・洗濯などの家事ができるのかも不安になります。特にゴミ屋敷なのが女性の実家だと、結婚することすら考えてしまいます。

仕事で疲れて帰ってきたのに部屋がゴミ屋敷では帰るのも嫌になってしまいます。また、子どもができたときに家事のできない女性だと育児をする環境ともいえませんし、長い目で見ても「本当に結婚して大丈夫かな?」と思います。

4. 孫を合わせたくない

子どもが生まれると両親に合わせてあげたいと思う人が一般的ですが、実家の悪環境にわざわざ合わせたくないとか、距離をおきたいと考える人も少なくありません。夏休みや冬休みに遊びに行き泊まるなんて考えられませんし、孫に会いたくても距離ができてしまいます。実家=汚いと孫を預けたいとは思いません。特に子どもが生まれてから衛生面を気にする人も多いので、今までは大丈夫だったとしても嫌になってしまうこともあります。

どれを考えても実家がゴミ屋敷であるデメリットにしかなりません。結婚は人生の転機にもなりますし、この機会に実家のゴミ屋敷を片付けきれいにしてから相手を実家に招いたほうがいいでしょう。

手間も時間もかかりますが、結婚相手=ゴミ屋敷の印象を持たれてしまうと今までどんなにいい印象を持っていても引かれてしまいます。しかも、本人の前ではいわないものの自分の親にも「実家がゴミ屋敷でさ…」と話しているかもしれませんよ。

ゴミ屋敷の実家を片付けるためには…?

実家がゴミ屋敷でどうやったら片付けてもらえるのか?不安になりますね。ゴミ屋敷の環境に住んでいるとどうして片付ける必要があるのか?そもそも恥ずかしいという気持ちもなくなってしまいます。

部屋を片付けてね!と言葉で伝えたところで、実家の両親が片付けてきれいにしてくれるとは限りません。ゴミ屋敷になってしまった原因があるわけで、その根本的な問題と向き合い一緒に片付けなくてはいけません。

・片付けられない、片付けるのが苦手
・年齢を重ね身体を動かすのが億劫になってきた
・セルフ・ネグレクトなどの精神的なもの
・金銭的な不安でものが捨てられない
・パートナーと離別してからゴミ屋敷
など、何か思い当たることはありませんか。

ゴミ屋敷になるのは必ず原因があるわけで、まずは両親にゴミ屋敷をなんとかして欲しいことを話します。もちろん一緒に片付けるなど一人でではなく「一緒に頑張ろう!」と前向きに考えられるように促します。

実際に片付け始めて見ると何が原因になっているのかが明確になってくるはずです。ただし片付けられない両親に対して責めたり怒ったりするのは逆効果になります。へそを曲げてしまうとより片付けられないばかりか、お互いの距離がより深まってしまいます。

実家のゴミ屋敷の片付けは業者に頼るのもおすすめ

また、ゴミ屋敷の環境でずっと育ってきて何から片付けたらいいのか?きれいな部屋ってどうしたらいいの?などあなた自身も方法がわからない場合は、業者などに任せてしまったほうがいいでしょう。ゴミ屋敷の怖いところはその環境に慣れてしまい当たり前になってしまうことです。実家がゴミ屋敷で「これって普通でしょ」と思っているといるまでたっても片付けができません。

不用品業者に依頼してしまえば、結婚前でなかなか時間が取れない、仕事が忙しく一緒に片付けができない、実家が遠方で一緒に行けないなどの事情でもあなたに代わって実家のゴミ屋敷を片付けてくれます。忙しくてなかなか片付けができない人にとっても嬉しい味方になりますし、家具や家電などの大きなゴミの運び出しや処分もお願いできる分、両親にかかる負担も少なくなり安心です。ゴミがあっても処分場まで持っていく手段がない人もたくさんいます。

まとめ

結婚を考えたときに実家がゴミ屋敷ではデメリットにしかなりません。そのため、この機会に思い切って片付けてしまうこと、ゴミの中で生活している両親にとっても健康被害などの可能性もあります。両親には長生きしていてほしいものですよね。結婚を考えたときこそ実家のゴミ屋敷を解消するチャンスです。その原因に寄り添い、根本から解決できるようにしてくださいね。

メールでのお問い合わせはこちら