TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/11/08 更新日:🕒2016/11/12

生前整理のやり方を知る

遺される人のための生前整理

終活やエンディングノートの登場によって、生前整理について考える人が増えています。

生前整理とは、生きているうちに自分の身の回りを整理しておくことです。

現在の高齢者はもののない時代、大量生産大量消費の時代を生きてきたこともあり、家の中に使っていない品々が大量にあることが少なくありません。

整理を行うことでこれらを整理し、残される家族の負担を減らすとともに、本当に必要なものだけで身軽な生活を送ることができるようになります。

生前整理は、家にある物の整理と、財産整理に分けることができます。どちらもすぐには終わらないので、気長に少しずつ取り組むことが大切です。

財産整理のやり方は、まずもっている財産をしっかり把握することから始めます。目録を作り、専門家に相談した上で遺言書を作成しておくのもおすすめです。

周囲の物を片付けるには

家にある物を整理するやり方は、まず必要なものとそうでないものを分けるところからスタートします。

引き出物でもらったものや記念品などは、思い入れもあるでしょうが、使っていないなら捨てる勇気が必要です。

洋服も1年袖を通していないなら思い切って処分してしまうと、今自分が必要としている服に気付くことができます。

遺品整理の場で迷うのが写真の整理です。似たような構図のものは1枚だけを厳選して保存するようにし、1つのイベントごとの枚数を絞り込むと、それだけでもかなり嵩が減ります

昔のアルバムは分厚くて重いので、スマートなアルバムに換えましょう。新しいアルバムを数冊用意すると、それだけで整理のモチベーションもアップします。

どうしても捨てられない場合は、デジタル化してしまうのも手です。

自分で難しいときは業者に依頼

家具家電を片付けるのも、生前整理の大きなポイントです。

昔ながらの大きくて重い家具は場所を取るだけでなく、万が一地震などが起こった時に、高齢者だけの家庭では対応が難しくなります。衣類整理で物が減っているなら、思い切って処分してしまうのも有効です。

大型の家具家電は、処分するのに手間とお金がかかります。パソコン等個別に処分手順が必要なものもあり、個人で行おうとするとどうしても限界が生じます。そんなときは業者に依頼するのが一番です。

生活総合サービス企業組合は、不用品を回収してくれる業者です。重い箪笥など、自分達だけではどうしても運びきれないものでもしっかりと運びだし処分を行ってくれます。

近年無許可で営業している不用品回収業者による不法投棄などが問題になっています。生活総合サービス企業組合は、行政の許可を得てサービスを提供している安心の会社です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら