TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2016/10/27

遺品整理をする遺品の中にパソコンがある場合

パソコンの中には個人情報も保存されている事があります

パソコンはネットを利用する時などに便利な道具ですが、ネットを利用する時などは個人情報がパソコン内部に保存されているケースもあります。

例えば、ネットバンクを利用している場合などでは、ネットバンクのログインパスワードやIDなどが保存されているケース、クレジットカードを利用して決済を行った場合には、カード番号が記録されているなどです。

不要なファイルをゴミ箱に捨てても、見かけ上は消えたようになっていても、ハードディスク上には情報が保存された状態で、初期化しない限り情報を取り戻すことが出来るのが特徴です。

遺品整理の際に故人が利用していたパソコンがある場合、それをそのまま廃棄処分すると情報が漏洩するリスクも存在しています。

そのため、遺品整理業者を選ぶ場合、内部の情報を初期化するなどの配慮をしてくれる会社を選ぶことが情報の漏えいを防止することが出来ると言う事です。

パソコン内のデータはゴミ箱に捨てて状態では取り出すことも出来てしまいます

データ復旧サービスを手掛けている会社がありますが、ハードディスクの故障などによりデータを救い出すことが出来なくなった時などに利用する会社です。

ゴミ箱に捨ててしまったデータは、取り戻すことが出来ないと言ったイメージを持つ人は多いかと思われますが、ゴ三箱に捨てたデータは見かけ上はパソコンからは無くなっているように見えても、実際にはパソコンの特定の場所にデータの保存が行われています。

そのため、データ復旧サービスを行う会社は、このようなデータを取り戻すことも出来る技術を持つのです。

尚、遺品整理の際に、故人が利用していたパソコンが在る場合、そのまま廃棄処分をしてしまうと情報が漏洩してしまうリスクがありますが、ハードディスク内の円盤を破壊する、初期化を行うと言った方法を利用する事で情報が漏洩する心配もなくパソコンの処分をすることが出来ます。

遺品整理は経験や実績を持つ業者を利用する事がお勧め

遺品は法律に関与していることからも、法律に準拠した形で行われる事が重要であること、法律や遺品に精通した業者を選ぶことが遺品整理を成功させる秘訣にも繋がります。

生活総合サービス企業組合は、遺品整理などに対する経験や実績を多数持つ会社です。

そのため、遺品整理における法律においての知識を持つなどの特徴がありますし、この会社は生前整理、遺族や関係者に代わって故人が残した遺品整理を行う事が出来る専門の会社でもあると言う事です。

中でも、生活総合サービス企業組合は遺品整理士と言った資格保有者が対応をしてくれるのが特徴です。

遺品整理士は、遺品に接する際の心構え、廃棄物処理における法律の知識などを持つ有資格者で、利用される側への安心感を得ることが出来ます。また、故人が残した遺品を丁寧に取り扱い、供養及び処分をしてくれるなど、このような会社を利用する事がお勧めです。

メールでのお問い合わせはこちら