TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/12/07 更新日:🕒2017/06/23

孤独死の場合の遺品整理には特殊清掃が必要

核家族化が生み出した孤独死と遺品整理の原状

昔は、孫や息子夫婦、祖父や祖母と言った具合に家族全員が1つの家で暮らしを立てていました。

しかし、核家族化が進む事で、孫や息子夫婦は東京で生活をし、祖父や祖母は田舎暮らしをするなど、家族が分離した状態で生活するケースが多くなっています。

田舎暮らしをしている祖父や祖母も歳を取ることでどちらかが他界してしまい、一人暮らしをすることになり、息子夫婦が一人暮らしは何かと不便なのでと声をかけても、気を使ってしまい、一人暮らしを続けるケースも少なくありません。

誰にも知られずに他界してしまうのが孤独死の特徴で、孤独死は核家族化が作り上げたものでもあり、部屋で誰にも知られずに他界した場合の遺品整理は特殊清掃と言われている清掃技術、知識を持つ専門業者に遺品整理の依頼が必要です。

特殊清掃はどのような事を行うの?

一人暮らしをしている人が、病気などが原因で部屋の中で亡くなった場合、遺体は数日間から数か月間そのままの状態になるケースが多くあり、誰にも知られずに死去してしまうのが孤独死の現状です。

遺体は腐敗するなどで室内には害虫や異臭が立ち込め、そのままでは遺品整理を行う事が出来ない状況になると言われています。

また、体液や害虫は2次感染のリスクがある事からも、室内の洗浄や消毒などを行う事が重要とされており、このような状況の中での清掃の事を特殊清掃と言います。

特殊清掃は一般的なハウスクリーニングとは異なり、室内の床や布団などに付着している体液などの清掃処理、室内に立ち込めている臭いの除去、ゴキブリやハエ、うじ虫などの害虫駆除と言った作業が必要になるのが特徴で、特別な知識や技術が必要です。

孤独死の遺品整理が可能になる専門の会社です

遺品整理は故人が残した遺品を片付ける事、室内に残された遺品を丁寧に取り扱うと言った事が求められます。

そのため、遺品整理における経験や実績を多く持つ会社を選ぶことが重要な要素になります。

生活総合サービス企業組合は遺品整理のプロとして、対応してくれるスタッフは遺品整理士の有資格者であり、安心して依頼が出来ると言う利点があります。

遺品整理には遺品と言う品物を取り扱うことからも、一般的な不用品とは異なり、持ち主が他界している事からも、遺族の事を考えること、遺品への取り扱いを丁寧に行うと言う事が求められ、遺品整理士の資格は遺品に対する取扱い方や法律などにおいての知識を持つと言う事です。

また、生活総合サービス企業組合は特殊清掃においての経験や実績も多くあり、孤独死などによる遺品整理などの場合も役立つ存在になってくれます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら