TOP 会社案内 事業案内 価格表 ブログ 対応エリア
投稿日:🕒2017/01/19 更新日:🕒2017/08/16

使わないピアノって実は怖い……!カビ・虫が使わないピアノから出てくる!?

「使わないなら、捨ててくれ……」なかなか言えない旦那さんの本音

ピアノがある家――。

家の中にクラシックなピアノがあるだけで、一見、格式高い気品あふれるご家庭に思ってしまいますが、その実情はさんざんなものだったします。

例えば……

  • ピアノの上に物が散乱している
  • ピアノ周りの掃除が行き届いていない
  • ピアノが邪魔すぎて家が狭くなっている

など、ピアノがあるだけで住環境が悪化していることが多々あるのです!

ピアノは決して安い買い物ではありませんが、家に置いて使わないのなら、お金がかかるし、場所もとる迷惑なオブジェでしかないのです。

使わないピアノ真実① 使わないピアノはカビの発生源になる!

ステキなピアノは、部屋に高級感を与える立派なインテリアですが、使わないし、メンテもしないピアノは、少しずつその高級感が内部から、悪くなっていくのです。

私たちはなんとなく「ピアノは一生モノ」と思っているのですが、ピアノは実は一生ものではないんです。

特に日本では、温度と湿度の差が激しいため、木で出来たピアノは痛みやすく、放っておくと、家の湿度が原因でカビが発生してしまうことがあるんです!

しかも、長らく使わず鍵盤に蓋をしたままだったり、ピアノの上に湿気がたまるようなものを置いていたりした場合は、ピアノが我が家のカビの発生源になっている可能性があるので、使わないピアノを整備しないなら、家族のことも考えて処分を考えた方が良いかも知れません。

また、電子ピアノでも湿気の多い場所に置くと、カビが生えてしまうことがあるので、ご注意を。

使わないピアノ真実② 使わないピアノから虫が発生!?

電子ピアノも、普通のピアノも使わないと、中で虫が発生してしまうことがあります。
木製のピアノの場合は、ピアノに使われている”木”を餌にする虫――白アリなどが発生してしまうことがあります。

当たり前ですが、白アリが発生したピアノの中はボロボロ。使い物には、ならないだけでなく、ピアノの中から発生した白アリのせいで、ピアノ同様に我が家も、ボロボロに……なんてことも!

また、電子ピアノであっても、虫たちからすれば格好の暖かい寝床です。
ピアノのスキマにゴキブリが入り込み、ピアノがゴキブリの“巣”になってしまい、ピアノからゴキブリが繁殖してしまうというケースもあるようです!

だから、使わないピアノをそのまま放置にしてしまうと、ピアノのから虫が湧いて、我が家の居住環境を悪くしてしまう可能性があるのです。

使わないピアノって実は怖い! そのままにせず、できれば処分を

結婚当初は、奥さんがピアノを弾くからという理由で購入したピアノ。
また、お子さんの教育のために、ピアノを購入した、という旦那さんも多いことでしょう。

しかし、多くの旦那さんは、使わないピアノに対して「いい加減、場所を取るし処分してくれよ」と思っているのです。

ただ、それを言ってしまうと夫婦喧嘩になるし、思い出の詰まったピアノを捨てるというと「冷たい人」と思われそうで、怖いから「ピアノを処分してくれ!」と言えないだけで、意外に多くの旦那さんが、使わないピアノを処分してほしいと思っているのです。

だから、この機会に放っておくと、カビや虫が発生する使わないピアノを思い切って処分されてみてはいかがでしょうか?

ピアノは運び出すのも大変な代物です。

家族だけで、ピアノを処分しようとすると、運び出すだけでも一苦労だけでなく、県の条例にそって、処分するのもかなりの労力です。

そう考えると、やはりピアノの処分は、私たちプロに任せるのが一番です!

見積もりだけでも大歓迎。
とりあえず、使わないピアノの処分をお考えなら、ご一報ください♪

最後までお読みいただきありがとうございます。

大型の不用品や粗大ごみの処分でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら